【スペック】全長×全幅×全高=4465×1935×1250mm/ホイールベース=2685mm/車重=1440kg/駆動方式=FR/7リッターV8 OHV16バルブ(511ps/6300rpm、64.9kgm/4800rpm)/価格=945.0万円(テスト車=同じ)

シボレー・コルベットZ06(FR/6MT)【短評(前編)】

GMを応援したくなる(前編) 2006.07.21 試乗記 シボレー・コルベットZ06(FR/6MT)2005年の東京モーターショーで登場した「コルベット Z06(ズィー・オー・シックス)」。エンジンに加えボディ構造も“普通”のコルベットと一線を画し、完全に作り直された新型のスゴイところとは。

ほんとうの凄さ

このクルマを初めて見たのは、昨年の東京モーターショーだった。最初はフツーの「シボレー・コルベット」だと思った。しかし資料を見ると、そのあとに「Z06」の3文字が追加されており、参考出品とある。それにつられてじっくり観察すると、いろいろな部分が違うことに気づいた。

エンジンフードにはエアスクープが追加され、前後のフェンダーはふくらみ、リアホイールの前にはブレーキ冷却用ダクトが装着されている。ハイマウントストップランプを内蔵したリアスポイラーまで、大きくなっている。
中身もタダモノではない。プッシュロッドV8の排気量は、6リッターから7リッターへと、1リッターも拡大している。しかもチタンコンロッド&インテークバルブ、ドライサンプなど、昨年のルマンでクラス優勝した「C6-R」譲りのレーシングテクノロジーが注入されているという。
最高出力は404psから511ps、最大トルクは55.6kgmから64.9kgmにアップ。でもこの数字には驚かなかった。いまどきのスーパースポーツで500psはめずらしくないからだ。

Z06(ズィー・オー・シックス)のほんとうの凄さを知ったのはその半年後、試乗の直前になってからだ。某自動車雑誌の編集スタッフが発した、「フレームがスティールからアルミに置き換えられてますからね」のひとことで、このクルマに対する評価はガラッと変わった。

車重1.5トンを切ったスポーツカー

アルミフレームのおかげで、もともと1500kgジャストと軽かった車重は、1440kgにまでダイエットしている。その一方で、脱着式だったルーフを固定とし、サスペンションマウントは溶接から鋳造に変えるなど、剛性アップもぬかりない。たかが1グレードのために、ここまでするとは。

1440kgという数字は、最近デビューしたスポーツカーでいえば、BMWの「Z4Mロードスター」とほぼ同じだ。そこに排気量で2倍以上の7リッターエンジンを積んでいる。逆サイドから見ると、世にあまたあるオーバー500psのスポーツカーで、車重が1.5トンを切るのはほとんどない。

いろいろな自動車に乗って原稿を書く仕事を20年も続けているから、だいたいのクルマはスペックを見ただけで、どのぐらいの加速をするかがわかる。でもZ06に限っては、比較対象がなかった。だから予想がつかないまま、そのコクピットに身を置くハメになってしまった。

そこはフツーのコルベットとあまり変わらない。Z06のロゴが入ったシートは左右の張り出しが大きく、ステアリングがやや小径になり、スピードメーターは300km/hまで刻まれているが、内容を考えればあっけない空間だ。
エンジンも、たとえばアストン・マーティンみたいに、掛かった瞬間に猛々しい唸りをあげたりはしない。クラッチがまた、性能を考えれば異例に軽い。6段MTのシフトレバーをローに導き、まずはアイドリングのままクラッチをミートし、ゆっくりアクセルを踏んで様子をみる。(後編につづく)

(文=森口将之/写真=高橋信宏/2006年7月)

・シボレー・コルベットZ06(FR/6MT)(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018393.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る