三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

2007.04.04 自動車ニュース
「三菱タウンボックス」
三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

日産自動車と三菱自動車は2007年4月3日、両社の製品について、相互のOEM供給を拡大することで合意したと発表した。

「日産AD」
三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

2社間では、三菱が日産に対し、軽商用車「三菱ミニキャブ」(日産名クリッパー)と軽乗用車「三菱eKワゴン」(同オッティ)の2車種を供給済み。

2007年5月からは新たに、三菱が日産に軽乗用車「タウンボックス」を年間4000台供給する。対する日産は、2008年秋より小型商用車「AD/ADエキスパート」を年間3000台、三菱に供給する計画だ。
なお、日産から三菱へのOEM供給は初めて。

今回の合意により、両社は「量産効果が高まることによる生産性向上と、お客様のニーズに合った商品ラインアップの拡充を図る」という。

(webCG)

関連キーワード:
タウンボックス三菱日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱の軽ワンボックスがフルモデルチェンジ 2015.3.10 自動車ニュース 三菱が新型「ミニキャブ バン」「タウンボックス」を発表。3月20日に発売。
  • 三菱「ミニキャブ」シリーズなど一部改良 2002.2.4 自動車ニュース 三菱自動車は、軽トラック「ミニキャブトラック」、バン「ミニキャブバン」などに一部改良を施し、2002年1月23日から販売を開始した。
  • ダイハツ、新型「ハイゼット トラック」を発売 2014.9.2 自動車ニュース ダイハツが「ハイゼット トラック」をフルモデルチェンジ。新型を発売した。
  • ダイハツ、「テリオスキッド」に後輪駆動車を追加 2000.1.27 自動車ニュース ダイハツ工業は、軽自動車「テリオスキッド」に後輪駆動車を新規設定、加えて四輪駆動車をマイナーチェンジし、1月18日より発売した。新たに設定されたのは後輪駆動車「CL」「CLカスタム」「エアロダウン」。「FRならではの素直なハンドル操作を実現した」とダイハツではしている。エンジンは4WD車同様、4バルブ直3ターボエンジンを搭載。車両の軽量化とデフギア比の見直しにより、燃費を向上させているという。さらにエアロダウンスポーツサスペンションが採用されているのもFR車の特長といえる。四駆車には新グレード「CX」「CLカスタム」を設定。上級グレードとなる「CX」は、4バルブ直3インタークーラーターボ「EF-DET」エンジンを搭載、ハロゲンフォグランプ、アルミホイール、電動ドアミラーなどを装着している。「CLカスタム」はライトプレッシャーターボ付の直3「EF-DEM」エンジンが載り、フロントロアスカート、サイドストーンガード、リアロアスカート、ハロゲンフォグランプ、さらにFR車に標準装備されるエアロダウンスポーツサスペンションなどが加わる。旧モデルからの改良点は、電動ドアミラーの標準装備(エアロダウン)、フロントフォグランプホールカバーのボディ色対応(CL)、電動格納式メッキドアミラーをオプション設定などだ。価格は108.0万円から149.0万円となる。ダイハツ工業「テリオスキッド」サイト:http://www.daihatsu.co.jp/cata/terioskid/index.htm好調な売れ行きの軽。それにFRを設定し、波に乗りたいところです。(Web CG 有吉)
  • 三菱、マルチパーパスミニワゴンを発売 1999.4.7 自動車ニュース 三菱自動車はマルチパーパスミニワゴンをコンセプトにした軽5ナンバーキャブオーバータイプの軽自動車「タウンボックス」を4月1日より発売した。「三菱タウンボックス」は、「大人4人がゆったり乗れる広い室内と荷物もたっぷり積めるラゲッジスペース」(広報資料)をうりものにした乗用車志向のクルマである。全長3395ミリ、全幅1475ミリ、全高1890(サンルーフ)あるいは1905(ハイルーフ)ミリのボディは、後席のスペースを確保するため5ナンバーワゴンの登録となる。税金の安い4ナンバーバンとして設定しなかったことについて三菱自動車では、前後シートのスペース制約をはずしゆったりした空間を確保すること、後席シートにリクライニング機構を設けることで居住性を確保し同時に乗用車として実用性を向上させること、などを理由にあげている。エンジンは48馬力を発生する657ccの3気筒SOHC4バルブ「リーンバーンMVV」と、64馬力の4気筒DOHC5バルブ+ターボで、トランスミッションは5段マニュアルと4段オートマチックが組み合わせられる。駆動方式は前輪駆動と4輪駆動が用意されている。価格は3気筒MVVエンジン搭載前輪駆動「SXハイルーフ」の115.5万円から4気筒インタークーラーターボエンジン搭載4輪駆動「RX」の151.5万円となる。「タウンボックス」のベースになっているのは1月に発表されたミニキャブバンである。商用ワンボックスがベースになっているだけにけっこう「ベタ」なスタイリングという気もするが、案外これが市場でウケたりする。その証拠にRVRもディンゴもけっこう見るではありませんか。(Web CG オガワ)
ホームへ戻る