三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

2007.04.04 自動車ニュース
「三菱タウンボックス」
三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

日産自動車と三菱自動車は2007年4月3日、両社の製品について、相互のOEM供給を拡大することで合意したと発表した。

「日産AD」
三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

2社間では、三菱が日産に対し、軽商用車「三菱ミニキャブ」(日産名クリッパー)と軽乗用車「三菱eKワゴン」(同オッティ)の2車種を供給済み。

2007年5月からは新たに、三菱が日産に軽乗用車「タウンボックス」を年間4000台供給する。対する日産は、2008年秋より小型商用車「AD/ADエキスパート」を年間3000台、三菱に供給する計画だ。
なお、日産から三菱へのOEM供給は初めて。

今回の合意により、両社は「量産効果が高まることによる生産性向上と、お客様のニーズに合った商品ラインアップの拡充を図る」という。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る