三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

2007.04.04 自動車ニュース
「三菱タウンボックス」
三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

日産自動車と三菱自動車は2007年4月3日、両社の製品について、相互のOEM供給を拡大することで合意したと発表した。

「日産AD」
三菱の「AD」と日産の「タウンボックス」が誕生

2社間では、三菱が日産に対し、軽商用車「三菱ミニキャブ」(日産名クリッパー)と軽乗用車「三菱eKワゴン」(同オッティ)の2車種を供給済み。

2007年5月からは新たに、三菱が日産に軽乗用車「タウンボックス」を年間4000台供給する。対する日産は、2008年秋より小型商用車「AD/ADエキスパート」を年間3000台、三菱に供給する計画だ。
なお、日産から三菱へのOEM供給は初めて。

今回の合意により、両社は「量産効果が高まることによる生産性向上と、お客様のニーズに合った商品ラインアップの拡充を図る」という。

(webCG)

関連キーワード:
タウンボックス三菱日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱の軽ワンボックスがフルモデルチェンジ 2015.3.10 自動車ニュース 三菱が新型「ミニキャブ バン」「タウンボックス」を発表。3月20日に発売。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.11.19 試乗記 フィアットが初めて手がけた“Bセグメント”のクロスオーバーSUV「500X」。1.4リッターFFモデルに試乗してわかった、走りの特徴や乗り心地、燃費などを、項目ごとに詳しく報告する。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.13 試乗記 「500」ゆずりのユニークなスタイリングが特徴のコンパクトSUV「フィアット500X」が、いよいよ日本に上陸。フィアットとクライスラーの“初めての共同作業”が生んだニューモデルの実力はいかなものか。FFの上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る