新型「インプレッサ」、ハッチバックスタイルでデビュー

2007.04.03 自動車ニュース

新型「インプレッサ」、ハッチバックスタイルでデビュー

富士重工業は、2007年4月4日から開催される2007年ニューヨーク国際自動車ショーに、新型「インプレッサ」を出展すると発表した。

■ハッチバックモデルが登場

「インプレッサ」が、2000年8月以来のフルモデルチェンジで、3世代目に突入する。新型の商品コンセプトは「新快適スタイル」。 コアメカニズムのさらなる進化を目指したという。

公開された北米仕様のボディ形状は、5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類だ。

エクステリアデザインは大きく変わり、先代の面影は、わずかにヘッドランプ形状に残る程度。
ボディサイドには、「スピード感あふれるエッジのきいた」(プレスリリース)キャラクターラインが与えられた。

■低中速域でトルクアップ

シャシーは一新され、ホイールベースが95mm延長。四輪ストラットだった足まわりは、リアがダブルウィッシュボーンに。

エンジンは、2.5リッターのSOHCとDOHCターボの2本。搭載位置はさらに下がり、スバル自慢の低重心化をさらに推し進めたと謳われる。
2.5リッターSOHCエンジンは、新形状吸気ポートの採用などにより低中速域のトルクや燃費性能がアップ。2.5リッターDOHCターボエンジンも、インテークマニホールドやインタークーラー、ターボチャージャーなどを新設計し、低中速域のトルクと燃費性能が向上したという。

安全面では、「環状力骨構造ボディ」を見直し、全方位での衝突安全性アップを図った。前席デュアルエアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、さらに、ドライバーの下肢へのダメージを軽減する、セイフティペダルを全車標準装備とした。
また、アクティブセーフティを高めるべく、VDC(横滑り防止装置)装着車をラインナップした。

このニューモデル、2007年中に全世界での市場導入が予定されている。

(webCG 関)


新型「インプレッサ」、ハッチバックスタイルでデビューの画像
【写真上下】
「インプレッサ2.5i 5D」。5ドア車の荷室は、ゴルフバッグなら2個、(機内持ち込みサイズの)キャリーバッグなら5個収納できるという。リアシートは6:4分割だ。
【写真上下】
    「インプレッサ2.5i 5D」。5ドア車の荷室は、ゴルフバッグなら2個、(機内持ち込みサイズの)キャリーバッグなら5個収納できるという。リアシートは6:4分割だ。
4ドアボディの「インプレッサWRX 4D」。リアオーバーハングは5ドア車から165mm延長。
トランクはゴルフバッグ3個を飲み込む。
4ドアボディの「インプレッサWRX 4D」。リアオーバーハングは5ドア車から165mm延長。
    トランクはゴルフバッグ3個を飲み込む。
「インプレッサWRX 4D」のインパネまわり。
「インプレッサWRX 4D」のインパネまわり。

新型「インプレッサ」、ハッチバックスタイルでデビューの画像

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • 「スバル・インプレッサ」にお得な価格設定の特別仕様車 2018.2.26 自動車ニュース スバルは2018年2月26日、「インプレッサ」にスバル60周年記念特別仕様車「1.6i-L EyeSight Sスタイル」を設定し、同年4月24日に発売すると発表した。同車は、すでに2月1日に先行受注を開始している。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る