【長期リポート】MINIの新旧比較

2007.04.02 エッセイ

【長期リポート】MINIの新旧比較

自動車専門誌『NAVI』で使われる長期リポート車の1台「MINIクーパー・コンバーチブル」を担当するナカムラ(現CG編集部員)が、新型MINIクーパーと、“まだ現行モデル”クーパー・コンバーチブルを比較しました!

まだ現役

そりゃあ、機械はあたらしいほうがいいに決まっている。MINIだってすでに多くのメディアで伝えられているように、新型はきびきびしたハンドリングをそのままに、しなやかな足まわりやスムーズなトランスミッション(6MT&6AT)、ナチュラルなフィールの電動パワーステアリングなど、別モノといっていいほどパワートレーンが進化を遂げた。一見、カタチは変わったように見えないけれど……。

ということで、今回はMINIクーパー・コンバーチブルと、新型クーパーを比較してみた。ご存知の通り、英国オックスフォード工場では現在も新旧MINIが混在してラインを流れている。MINIコンバーチブルは、これまでのモデルが継続販売されるのだ。

【写真・中】
幌とスチール製のルーフという違いはあるものの、フロントサイドウィンドウの大きさをくらべて分かるとおり、新型はショルダーラインが高め。
以下、写真上段・シルバーが新型「MINIクーパー」、下段・オレンジが先代「MINIクーパー・コンバーチブル」。

【写真・下】
新型(=左)は歩行者保護ボンネットフードを採用したため鼻先が高くなった。NAVIのMINIコンはローダウンしているが、それでも繊細に見える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。