「アルファ8Cコンペティツィオーネ」日本初お披露目、2200万円超

2007.04.02 自動車ニュース

2200万円超の「アルファ8Cコンペティツォーネ」が日本初お披露目

「アルファ8Cコンペティツィオーネ」日本初お披露目、2200万円超

フィアット・オート・ジャパンは、アルファ・ロメオの最高級グランツーリスモ「アルファ8Cコンペティツィオーネ」を、2007年4月2日に日本で初披露した。

バケットシートが2座備わるインテリア。ハンドル位置は左のみとなる。
2200万円超の「アルファ8Cコンペティツォーネ」が日本初お披露目

■コンセプトカーそのままに

2003年のフランクフルトショーで突如現れたコンセプトカー「アルファ8Cコンペティツィオーネ」が、ほぼそのままのカタチで市販された。
車名の「8C」は、1930年から40年代にレースで活躍した8気筒エンジン搭載車から、「コンペティツィオーネ(競争)」は、1950年のミッレミリアレースで活躍したスポーツクーペ「6C 2500コンペティツィオーネ」に由来するものだという。

ディメンションは、全長×全幅×全高=4397×1892×1340mm、ホイールベースは2646mm。カーボンファイバーと樹脂を取り入れたボディは軽量化に貢献し、車両重量は1575kg。強度にも優れると謳われる。


「アルファ8Cコンペティツィオーネ」日本初お披露目、2200万円超の画像

「アルファ8Cコンペティツィオーネ」日本初お披露目、2200万円超の画像

■トランスアクスルレイアウト

搭載されるエンジンは4.7リッターV8。最高出力450ps/7000rpmと最大トルク47.9kgm/4750rpmを発生する。
これに組み合わせられるトランスミッションは、セミオートマとなる6段「Q-セレクト」。ステアリング背面のパドルシフトで変速操作が可能で、「ノーマル」「スポーツ」に加え「オートマチック」「アイス」モードも選ぶことができる。

駆動輪は後輪となるが、エンジンをフロントボンネット内、ギアボックスとディファレンシャルギアを後方に配置するトランスアクスルレイアウトを採る。これにより前後重量配分=49:51を実現したという。

なお、エンジンとトランスミッションは「マセラティ・クーペ」に由来するものだ。


「アルファ8Cコンペティツィオーネ」日本初お披露目、2200万円超の画像
ボディ下面はフラットボトム。高速走行時のダウンフォース発生に寄与する。
ボディ下面はフラットボトム。高速走行時のダウンフォース発生に寄与する。

■2259.0万円、すでに完売

サスペンションは前後ダブルウィッシュボーン式。ハブキャリアやアッパー/ロアアームなどは軽量高剛性な鍛造アルミ製を用いる。
前後ブレーキには直径330mmの大径ドリルドベンチレーテッドディスク。ブレンボ社と共同開発したという専用合金で作られたそれは、モリブデンを配合することにより、放熱製を大きく向上させたという。
タイヤは前245/35R20、後285/35R20となる「ピレリP Zero」で、同車専用設計となる。スタビリティコントロールシステムのVDCも標準装備。

車両価格は2259.0万円だが、すでに日本の割り当て台数は売約済み。世界で限定500台が生産されるうち、70台が日本に上陸する予定だ。なおこの台数は、イタリア本国と同じであり、日本市場への力の入れようがうかがえる。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • KTM125デューク/250デューク/390デューク/1290スーパーデュークGT【試乗記】 2017.6.10 試乗記 普通二輪免許で乗れるKTMのネイキッドバイクが、3車種同時にフルモデルチェンジ。「野獣の卵」「ザ・コーナーロケット」など過激なニックネームを持つ新型の実力を、サーキットで確かめた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • ルノー・ジャポン、アルピーヌの販売を発表 2017.6.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年6月1日、アルピーヌブランドのニューモデルについて、日本における輸入販売事業を行うと発表した。
ホームへ戻る