「ルノー・メガーヌ」、ワゴン版もお化粧直し

2007.04.02 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ」、ワゴン版もお化粧直し

ルノー・ジャポンは、ハッチバック「メガーヌ」のワゴン版、「メガーヌ・ツーリングワゴン」にマイナーチェンジを施し、2007年4月2日に発売した。

変更点は、昨2006年末にマイナーチェンジしたメガーヌハッチバックと同様の内容だ。

すなわち、1.6リッター、2リッターとも、ヘッドランプ、フロントグリルなどフロントまわりのデザインに手直しを加えた。
2リッターモデルは、バンパーやサイドモールがボディ同色に、ルーフバーはサテンクロームになった。

機能面では、チューブ・イン・チューブ方式の電動パワーステアリングを新採用し、よりダイレクトなステアフィールに。さらに、4段ATのギア比を見直し、高速道路走行時など、より低い回転数で巡航できるようになった。

用意されるボディカラーは、アンティーク・グリーン、ポワーブル・ベージュなど7色で、うち5色が新色となる。価格は、1.6リッターモデルが257.0万円。
2リッターモデルは、「電動パノラミックグラスルーフ」や「バックソナー」の有無により計4車種が用意され、287.0万円から332.0万円までとなっている。

(webCG 関)

「ルノー・メガーヌ・ツーリングワゴン 2.0 プレミアム グラスルーフ」
「ルノー・メガーヌ・ツーリングワゴン 2.0 プレミアム グラスルーフ」

関連キーワード:
メガーヌエステートルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • ボルボがコンパクトSUV「XC40」の受注をスタート 2018.1.26 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年1月26日、新型コンパクトSUV「XC40」の限定車「XC40 T5 AWD R-Designファーストエディション」の予約注文受け付けを開始した。限定台数は300台で、発表と発売は同年3月を予定している。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る