「ルノー・メガーヌ」、ワゴン版もお化粧直し

2007.04.02 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ」、ワゴン版もお化粧直し

ルノー・ジャポンは、ハッチバック「メガーヌ」のワゴン版、「メガーヌ・ツーリングワゴン」にマイナーチェンジを施し、2007年4月2日に発売した。

変更点は、昨2006年末にマイナーチェンジしたメガーヌハッチバックと同様の内容だ。

すなわち、1.6リッター、2リッターとも、ヘッドランプ、フロントグリルなどフロントまわりのデザインに手直しを加えた。
2リッターモデルは、バンパーやサイドモールがボディ同色に、ルーフバーはサテンクロームになった。

機能面では、チューブ・イン・チューブ方式の電動パワーステアリングを新採用し、よりダイレクトなステアフィールに。さらに、4段ATのギア比を見直し、高速道路走行時など、より低い回転数で巡航できるようになった。

用意されるボディカラーは、アンティーク・グリーン、ポワーブル・ベージュなど7色で、うち5色が新色となる。価格は、1.6リッターモデルが257.0万円。
2リッターモデルは、「電動パノラミックグラスルーフ」や「バックソナー」の有無により計4車種が用意され、287.0万円から332.0万円までとなっている。

(webCG 関)

「ルノー・メガーヌ・ツーリングワゴン 2.0 プレミアム グラスルーフ」
「ルノー・メガーヌ・ツーリングワゴン 2.0 プレミアム グラスルーフ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・メガーヌ エステートGTライン(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.16 試乗記 「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデルに、高効率をうたう1.2リッターターボエンジン搭載車が登場。小さなパワーユニットがもたらす走り、燃費、そして乗り心地などを報告する。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • ルノー・メガーヌ エステート GTライン(FF/CVT)【試乗記】 2013.2.21 試乗記 ルノー・メガーヌ エステート GTライン(FF/CVT)
    ……278万円

    ルノーの基幹車種であるCセグメントの「メガーヌ」に、ワゴンモデルの「エステート GTライン」が登場。広くなったラゲッジルームとリアシートだけにとどまらない、フランス製長距離ランナーの魅力に触れた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る