【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1600mm/ホイールベース=2550mm/車重=900kg/駆動方式=MR/0.6リッター直3DOHC12バルブターボ(64ps/6000rpm、9.6kgm/3000rpm)

三菱 i 【試乗記】

三菱 i 2007.04.02 試乗記 ……105万〜161万7000円

いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!

いかがなものか

【復習:こんなクルマ】

リコール問題で喘いでいた三菱がイメージ一新も目論んで発表した画期的な実用ミドシップ軽自動車。狙いはみごとに当たって最初の2週間で受注1万台を突破するわ、2006年末には各種自動車賞を受賞するわと期待通り。
一部、三菱と別れる前にダイムラー・クライスラーがつくった“置き土産”という説が根強い。

【 i の○と×】

○:
軽自動車の可能性を見せつけてくれたこと。ハッキリ言って値段高めの高付加価値軽自動車は絶対に失敗すると思っていた私だが、みごとその思い込みを裏切ってくれた。最大の理由は、圧倒的に個性的で理想主義的なスタイリングとこれまた圧倒的に個性的でしっかりした走り味。
まさにハゲかかったオヤジの額のように、広いガラス面積を持つひと筆書きフォルムは他の軽とは一線を画しており、たしかにダイムラー・クライスラーの「スマート」ブランドとして売られてもおかしくない。
乗っても安っぽさを微塵も感じさせない剛性感といい、圧倒的にナチュラルなステアリングフィールといい、人によってはこれに200万円ぐらい払っても惜しくないだろう。

×:
三菱が本当に体質を改善したのかがよくわからないこと。ハッキリ言ってできはいい。三菱の技術力の高さもよくわかる。が、私に言わせれば本来リコール直後の三菱は、「eKワゴン」のようにベースは旧型のブラッシュアップで、デザインとアイデアにより手堅くヒットを飛ばし、資金を貯めてから i のようなクルマで勝負すべきだったと思う。
この時代、いつまでもエンジニアの理想主義をつらぬき、賭けのようなクルマ作りをするのはいかがなものか。

【コージから一言】

とはいえ今一番個人的に欲しい軽は i です。

(文=小沢コージ/『NAVI』2007年2号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKカスタムT(FF/CVT)【試乗記】 2013.6.26 試乗記 軽トールワゴンという激戦区に、満を持して登場した「eKワゴン」。このジャンルを切り開いた三菱自動車の“期待の星”は、何を武器にライバルと戦うのか。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る