【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1600mm/ホイールベース=2550mm/車重=900kg/駆動方式=MR/0.6リッター直3DOHC12バルブターボ(64ps/6000rpm、9.6kgm/3000rpm)

三菱 i 【試乗記】

三菱 i 2007.04.02 試乗記 ……105万〜161万7000円

いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!

いかがなものか

【復習:こんなクルマ】

リコール問題で喘いでいた三菱がイメージ一新も目論んで発表した画期的な実用ミドシップ軽自動車。狙いはみごとに当たって最初の2週間で受注1万台を突破するわ、2006年末には各種自動車賞を受賞するわと期待通り。
一部、三菱と別れる前にダイムラー・クライスラーがつくった“置き土産”という説が根強い。

【 i の○と×】

○:
軽自動車の可能性を見せつけてくれたこと。ハッキリ言って値段高めの高付加価値軽自動車は絶対に失敗すると思っていた私だが、みごとその思い込みを裏切ってくれた。最大の理由は、圧倒的に個性的で理想主義的なスタイリングとこれまた圧倒的に個性的でしっかりした走り味。
まさにハゲかかったオヤジの額のように、広いガラス面積を持つひと筆書きフォルムは他の軽とは一線を画しており、たしかにダイムラー・クライスラーの「スマート」ブランドとして売られてもおかしくない。
乗っても安っぽさを微塵も感じさせない剛性感といい、圧倒的にナチュラルなステアリングフィールといい、人によってはこれに200万円ぐらい払っても惜しくないだろう。

×:
三菱が本当に体質を改善したのかがよくわからないこと。ハッキリ言ってできはいい。三菱の技術力の高さもよくわかる。が、私に言わせれば本来リコール直後の三菱は、「eKワゴン」のようにベースは旧型のブラッシュアップで、デザインとアイデアにより手堅くヒットを飛ばし、資金を貯めてから i のようなクルマで勝負すべきだったと思う。
この時代、いつまでもエンジニアの理想主義をつらぬき、賭けのようなクルマ作りをするのはいかがなものか。

【コージから一言】

とはいえ今一番個人的に欲しい軽は i です。

(文=小沢コージ/『NAVI』2007年2号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る