第30回:「BMW335iカブリオレ」です(3)

2007.04.01 エディターから一言

第30回:「BMW335iカブリオレ」です(3)

 
第30回:「BMW335iカブリオレ」です(3)

オシリのハナシ

「BMW335iカブリオレ」ですね。

ワンタッチで折りたためる電動ハードトップを屋根にした、BMW3シリーズのオープンカー。エンジンは、小さなタービンを2つ使った3リッターターボ。オートマチックは6段です。

新しいビーエムのカブリオレが優雅に見える理由のひとつは、ズバリ、オシリが上がってないことでありましょう。いわゆる“ハイデッキ”スタイルを採っていない。

トランクの上面が高い位置にある“ハイデッキ”は、(学術的な探求は置いといて)1980年代に一世を風靡したおぼえがあります。低めのフロントからリアへ、厚いトランクにむかってキャラクターラインが駆け上がる。

「止まってても、走ってるように見える!」

ってやつですな。

さらにひと世代前にスポーツカーでもてはやされた“ウェッジシェイプ(くさび形)”の、実用車的翻訳(!?)といっていいのかもしれません。ハイデッキがはやった裏には、躍動感あふれてカッコいいだけでなく、「トランクの容量を大きくできる」というメリットがあったから、なことは皆さまご存知でしょう。

で、BMW335iカブリオレ。横姿は水平基調で、トランク上面はむしろ下がり気味。

ハイデッキスタイルが暗示するイメージが「スポーティ」や「アグレッシブ」なら、335iカブリオレのそれは、「エレガント」で「ラグジュアリー」。4座のオープンは、2シーターオープンのスポーツカーとは違います、という、あったり前だけど忘れがちな(エディターだけ?)常識を、BMW335iカブリオレは再認識させてくれます。

そういえば、ピニンファリーナの手がけた「プジョー306カブリオレ」も、わざわざキャラクターラインを後ろ下がりに変えてましたっけ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWコンセプトZ4 2017.8.18 画像・写真 独BMWが、米カリフォルニア州で催されるクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にあわせ、2シーターオープンモデルの「コンセプトZ4」を公開した。新型「Z4」のデザインを示唆するスタディーモデルの姿を、写真で紹介する。
  • BMW 530e iパフォーマンス ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.8.17 試乗記 プラグインハイブリッド車のラインナップ拡充を進めるBMW。今回は、そのニューフェイスとなるミッドサイズセダン「530e」に試乗。純粋なガソリンエンジン車とはひと味違う、走りや乗り心地をリポートする。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート 2017.8.16 画像・写真 4モデルを合計しても、生産台数はわずか325台。アストンマーティンとザガートのコラボが生んだ「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」シリーズの姿を、ニューモデル「スピードスター」「シューティングブレーク」も含め、写真で紹介する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る