第30回:「BMW335iカブリオレ」です(3)

2007.04.01 エッセイ

第30回:「BMW335iカブリオレ」です(3)

 
第30回:「BMW335iカブリオレ」です(3)

オシリのハナシ

「BMW335iカブリオレ」ですね。

ワンタッチで折りたためる電動ハードトップを屋根にした、BMW3シリーズのオープンカー。エンジンは、小さなタービンを2つ使った3リッターターボ。オートマチックは6段です。

新しいビーエムのカブリオレが優雅に見える理由のひとつは、ズバリ、オシリが上がってないことでありましょう。いわゆる“ハイデッキ”スタイルを採っていない。

トランクの上面が高い位置にある“ハイデッキ”は、(学術的な探求は置いといて)1980年代に一世を風靡したおぼえがあります。低めのフロントからリアへ、厚いトランクにむかってキャラクターラインが駆け上がる。

「止まってても、走ってるように見える!」

ってやつですな。

さらにひと世代前にスポーツカーでもてはやされた“ウェッジシェイプ(くさび形)”の、実用車的翻訳(!?)といっていいのかもしれません。ハイデッキがはやった裏には、躍動感あふれてカッコいいだけでなく、「トランクの容量を大きくできる」というメリットがあったから、なことは皆さまご存知でしょう。

で、BMW335iカブリオレ。横姿は水平基調で、トランク上面はむしろ下がり気味。

ハイデッキスタイルが暗示するイメージが「スポーティ」や「アグレッシブ」なら、335iカブリオレのそれは、「エレガント」で「ラグジュアリー」。4座のオープンは、2シーターオープンのスポーツカーとは違います、という、あったり前だけど忘れがちな(エディターだけ?)常識を、BMW335iカブリオレは再認識させてくれます。

そういえば、ピニンファリーナの手がけた「プジョー306カブリオレ」も、わざわざキャラクターラインを後ろ下がりに変えてましたっけ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る