第30回:「BMW335iカブリオレ」です(3)

2007.04.01 エディターから一言

第30回:「BMW335iカブリオレ」です(3)

 
第30回:「BMW335iカブリオレ」です(3)

オシリのハナシ

「BMW335iカブリオレ」ですね。

ワンタッチで折りたためる電動ハードトップを屋根にした、BMW3シリーズのオープンカー。エンジンは、小さなタービンを2つ使った3リッターターボ。オートマチックは6段です。

新しいビーエムのカブリオレが優雅に見える理由のひとつは、ズバリ、オシリが上がってないことでありましょう。いわゆる“ハイデッキ”スタイルを採っていない。

トランクの上面が高い位置にある“ハイデッキ”は、(学術的な探求は置いといて)1980年代に一世を風靡したおぼえがあります。低めのフロントからリアへ、厚いトランクにむかってキャラクターラインが駆け上がる。

「止まってても、走ってるように見える!」

ってやつですな。

さらにひと世代前にスポーツカーでもてはやされた“ウェッジシェイプ(くさび形)”の、実用車的翻訳(!?)といっていいのかもしれません。ハイデッキがはやった裏には、躍動感あふれてカッコいいだけでなく、「トランクの容量を大きくできる」というメリットがあったから、なことは皆さまご存知でしょう。

で、BMW335iカブリオレ。横姿は水平基調で、トランク上面はむしろ下がり気味。

ハイデッキスタイルが暗示するイメージが「スポーティ」や「アグレッシブ」なら、335iカブリオレのそれは、「エレガント」で「ラグジュアリー」。4座のオープンは、2シーターオープンのスポーツカーとは違います、という、あったり前だけど忘れがちな(エディターだけ?)常識を、BMW335iカブリオレは再認識させてくれます。

そういえば、ピニンファリーナの手がけた「プジョー306カブリオレ」も、わざわざキャラクターラインを後ろ下がりに変えてましたっけ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWコンセプトZ4 2017.8.18 画像・写真 独BMWが、米カリフォルニア州で催されるクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にあわせ、2シーターオープンモデルの「コンセプトZ4」を公開した。新型「Z4」のデザインを示唆するスタディーモデルの姿を、写真で紹介する。
  • 【東京モーターショー2017】BMWは「コンセプトZ4」など5車種をアジア初公開 2017.10.5 自動車ニュース BMWジャパンは2017年10月5日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日から11月5日)の出展概要を発表した。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • BMW Z4 Mクーペ(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2006.11.16 試乗記 ……848万2000円
    総合評価……★★★★

    2006年4月、「Z4ロードスター」のマイチェンとともに、追加設定された「Z4 Mクーペ」。「M3」の高性能エンジンを搭載する、ハイパフォーマンスパージョンの魅力に迫る。


  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
ホームへ戻る