【スペック】X:全長×全幅×全高=3395×1475×1620mm/ホイールベース=2360mm/車重=820kg/駆動方式=FF/0.6リッター直3DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)

スズキMRワゴン【試乗記】

スズキMRワゴン 2007.04.01 試乗記 ……101万6400〜134万9250円


いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!

日本におけるディズニーランド

【復習:こんなクルマ】

個人的には2006年度中に発表された軽自動車の中で最も印象に残らなかったクルマ。開発コンセプトは“Mom's Personal Wagon”だそうで、先代MRワゴンユーザーの約7割が、若い子育て世代の女性だったことからそうなったとか。

【MRワゴンの○と×】

○:
徹底的に子育て女性仕様になっていること。「ダイハツ・ムーヴラテ」もそうだが、その丸く、目の焦点が合ってないような超人畜無害系フロントマスクは凄い。ここまでカーデザインは人に優しくなれるのかと思う。
実用アイデアも圧倒的で、ダッシュボードやシフトノブ下などありとあらゆるところに収納が充実。なんせハンドバッグやティッシュ箱専用置き場もあるのだ。さらに赤ちゃん用のミルクを作る時に便利なインパネスライドボードやスーパーのビニール袋にサイズを合わせたシートアンダートレー&ボックスなども圧巻。

×:
センスよかった先代があまり売れなかったであろうこと。正直、個人的には先代の方が全然よかった。特に男性向けでも女性向けでもなく、スタイリッシュなモノスペースフォルムは非常にカッコ良かった。それでいて室内は広く、使い勝手もよく、走りもまあまあ。私が家族想いの家庭持ちだったらちょっと欲しい。
でもこの変貌ぶり。きっと前のじゃ日本人女性にはわかりにくかったんでしょう。

【コージから一言】

ちょっと話がズレるが、私は日本におけるディズニーランド的存在が苦手である。行けば楽しいんであろう。でもデザイン音痴を増やしている気がする。勝手な決めつけだが。

(文=小沢コージ/『NAVI』2007年2号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MRワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る