第29回:「BMW335iカブリオレ」です(2)

2007.03.31 エッセイ

第29回:「BMW335iカブリオレ」です(2)

 
第29回:「BMW335iカブリオレ」です(2)

品よく

「BMW335iカブリオレ」ですね。

7年ぶりにフルモデルチェンジされた3シリーズ・オープンモデルの目玉は、屋根が折りたたみ式のハードトップになったこと。スイッチひとつで、固いルーフのクーペになったり、オープンカーになったりします。

でも、335iカブリオレをさして「“CC(クーペ・カブリオレ)”とは呼んでくれるな」とBMWは言っております。「ウチには、クーペもカブリオレもちゃんとありますから」と。

「“合わせ技、イッポン!”じゃあないよ」ということです。

で、新しい3シリーズカブリオレ、カッコいいですな、優雅ですな。

「ボルボC70」を見たときにも感心したけれど、335iカブリオレ、折りたたみ式のハードトップをもつにもかかわらず、全体のプロポーションに無理がない。屋根からトランクへのラインが綺麗に流れて、品のいいこと。Cピラー付け根あたりのサイドガラスのラインが「カクッ」と折れているのも、ビーエム・ファンにはたまらんポイントでしょう。

メルセデス・ベンツが「SLK」で、バリオルーフと名づけた屋根で“電動畳み式のハードトップ”を現代に蘇らせたのが1996年。ほぼ10年の時を経て、金属製の屋根のたたみ方にもずいぶん工夫がこらされました。4シーターモデルでも、CCを感じさせずに、スタイリングをまとめあげられるほどに。

あんまり褒めてて気持ち悪いので(?)ちょっとケチをつけると……

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る