【スペック】全長×全幅×全高=4580×1835×1405mm/ホイールベース=2640mm/車重=1720kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5 DOHC20バルブ(140ps/5000rpm、22.4kgm/4000rpm)/価格=469万円(テスト車=518万4000円)

ボルボC70(FF/5AT)【ブリーフテスト】

ボルボC70(FF/5AT) 2007.03.30 試乗記 ……518万4000円
総合評価……★★★★★

「ボルボ」のオープンモデル「C70」が発売された。春は目前、流行のクーペカブリオレスタイルになった新型を、市街地を中心に試した。

ボルボC70(FF/5AT)【ブリーフテスト】

贅沢な乗り物

「ボルボC70」に関して、海外試乗会のおり、狭い山道を攻めるというスポーツ走行は体験済みなので、今回は市街地の狭い路地を徘徊するようなコースをあえて走ってみた。

横置きエンジンのショートノーズとはいえ、それでも昨今のミニバンなどに比べればノーズは長く、オーバーハングも気になるところ。しかしC70はそんなところでも、ハンドルはよく切れるしバンパーなどのコーナーを断ち落としたデザインが功を奏し、近づく電柱をもてあますこともまったくなかった。
オープンにした時の解放感は言うに及ばず、ミラーやモニターに頼った感覚的なものに比べ、直接見えることのありがたみを再認識した。
周囲の音がよく聞こえることも新鮮な驚きで、逆に出しっぱなしになっていたウィンカーの音が聞こえない点も体験。オープンゆえに直接見えることは素晴らしいが、見られることの恥ずかしさも同居。

一方ではクーペゆえのタイトさも味わえるし、その両方を30秒足らずで手軽に行ったり来たりできる二面性は格別。さらに言えば二人だけでなく4人で楽しめるオープンカーは、ファミリーカーとしても使える。C70は贅沢な乗り物かもしれない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る