第27回:「ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ」です(4)

2007.03.29 エッセイ

第27回:「ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ」です(4)

2割増し

「ランボルギーニ・ガヤルド」の軽量版「ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ」の後ろ姿。さらに前方に、「ランボルギーニ・ムルシエラゴLP640」も見えますね。

「フェニックス・インターナショナル・レースウェイ」です。

10psアップの530psで、100kg軽い1330kgのボディを押し出す、ガヤルド・スーパーレジェーラ。より“走り”志向のモデルとして、もちろんサスペンションも強化されました。

アルミを使った4輪ダブルウィッシュボーンの足まわりは、街なかでの日常使いには「ちょっとなあ……」なハードさであります(椅子のクッションも薄いしね)が、ひとたびサーキットにもちこむと、「こりゃあ、いい!」と納得させられる。ハンドリングのシャープさ、ノーマル比“2割増し”な感じ。

ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ、走行会好きなリッチパースン向けですね。あまりにひねりのない感想でナンですが。いつもパドックで、「フェラーリは多いからなぁ」と“異色の1台”をお考えの貴方に。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ