「シビック・タイプR」、4ドアセダンとして発売

2007.03.29 自動車ニュース

「シビック・タイプR」、4ドアセダンとして発売

本田技研工業は、「シビック」にハイパフォーマンスモデル「タイプR」を追加設定。2007年3月30日から販売すると発表した。

■ピュアスポーツモデル、復活

言わずとしれたホンダのピュアスポーツモデル「タイプR」。「NSX」「インテグラ」がラインナップ落ちとなった現在、「シビック・タイプR」は唯一のタイプRモデルである。

搭載される2リッター直4エンジンは専用ユニットで、従来型比10psアップの最高出力225ps/8000rpmと、0.9kgm増の最大トルク21.9kgm/6100rpmを発生する。
ドライブバイワイヤを採用することで出力とレスポンスの両立を図り、さらに吸排気系を見直し高回転・高出力を実現したと謳われる。
組み合わせられるトランスミッションはフロア式の6段マニュアルだ。

■欧州向け3ドアではなく

サスペンションは、前マクファーソンストラット/後ダブルウイッシュボーンと標準モデルと同じ形式をとるが、タイプR専用のチューニングが施された強化ダンパーや、より太くされたスタビライザーなどが採用される。

タイヤは18インチが標準装着され、フロントのブレーキはお馴染みブレンボ製の4ポッドキャリパーが奢られた。

全体を黒基調としたインテリアは、フロントに専用のバケットシートを装着。メーターパネルも専用設計となり、エンジン回転数をランプで示す、「i-VTEC/REVインジケーター」も備わる。なお、エンジンはプッシュボタンでスタートする。

ボディカラーは、チャンピオンシップホワイト、スーパープラチナメタリック、ビビッドブルーパールの3色。価格は283.5万円となる。

なお欧州向け3ドアハッチバックも存在するが、国内では日本製の4ドアのみを販売。より幅広い顧客を取り込みたい考えだろう。

(webCG 本諏訪)


「シビック・タイプR」、4ドアセダンとして発売の画像

「シビック・タイプR」、4ドアセダンとして発売の画像

「シビック・タイプR」、4ドアセダンとして発売の画像

「シビック・タイプR」、4ドアセダンとして発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • ホンダ、新型「シビック」シリーズの情報をウェブで先行公開 2017.6.23 自動車ニュース 本田技研工業は2017年6月23日、同年7月下旬に発表を予定している新型「シビック」シリーズに関する情報を、ホームページで先行公開した。カラーラインナップや主要装備、さらに全国の展示イベントや試乗イベントの様子などが閲覧できる。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る