第315回:「キャデラックSRX」ウラ事情
アメ車は本当に復活するのか?

2007.03.29 エッセイ

第315回:「キャデラックSRX」ウラ事情アメ車は本当に復活するのか?

なぜいまさら右ハンドルなのか?

最近いい話を全然聞かないアメ車。GMがイマイチだとか、クライスラーが売却で労組が反対してるとか、なかなかうまくいかない。
でもまあ、せっかくよくなりかけてるのに、自らのしょぼい体面と利益確保に走る日本プロ野球のオーナー会議よりよっぽどいい気もするけどね。まさに木をみて森をみないの典型。きっと本気でプロ野球業界をよくしようと思ってないから、サラリーマン的保身に走るんでしょう。全体の状況を見ず。あとでどうなっても知らないよ〜っと!

ってなわけで話は戻るけど、アメ車の最新事情を聞くべく、「キャデラックSRX」の試乗会に行ってまいりました。
SRXってのはミディアムサイズの高級SUVで、価格的には「ポルシェ・カイエン」や「BMW X5」とタメをはる大黒柱系。ハッキリいって今のプレミアムブランドなら、このヘンを売っとかなきゃツラいわけだけど、そしたらななんと待望の右ハンドルが入ったという。

たまたま現場にいた、事情通のXさんを直撃してみました〜。Xさんってのはアメ車業界20年以上の辣腕業界人。愛車は常にアメ車で、一時アメリカに住んでいたこともある。

小沢: Xさん、なんでいまさら右ハンドルなんですかね?
X: 僕に聞いたってわかんないよ。向こう(アメリカ側)の都合なんじゃないの。
小沢: リクエストは出してるんですよね。右ハンドルの。
X: 昔は出してたみたい。ただキャデラックの場合、右を出したからって大幅に売り上げを伸ばせるって思われても困るんだよね。左ハンドルのお客さんと右ハンドルのお客さんはまったく違うんだよ。「左じゃないと」って人も多い。
小沢: いまだにそうですか。
X: そうだよ。左側に駐車しやすいとか、ホイールをギリギリまで寄せられるとかメリットもあるし。それに最近ではETCがあるから、料金所でも問題ないでしょう。
小沢: たしかに。
X: 右ハンドルの設定が有効なのはやはり女性ユーザーが多い場合だよね。おそらくVWゴルフとか、プジョーとかっていう輸入車ブランドは、右ハンドル導入が拡販に繋がりやすい。でもキャデラックの場合は必ずしもそうではないわけ。ブランドがかかえるユーザーが違うから。その上GMの場合、右ハンドルを導入したわりに売れなかった「サターン」の失敗もあるから、ほいほいと踏み切れない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』