nvh volume 2:もっとプロ意識を!

2007.03.29 エッセイ

nvh volume 2もっとプロ意識を!

『NAVI』5月号:「トレンドナビゲーション2007」
エンジン、スポーツカー、デザイン、ラジコン、書体、イタリアetc…。クルマとクルマ周りで飛びかうFAST-TRACKなモノやコトを独自の視点で厳選する。

【ご購入はこちら】
◆「二玄社書店」:『NAVI』5月号
◆「Amazon.co.jp」:『NAVI』5月号
nvh volume 2:もっとプロ意識を!

規制緩和によって

交通問題に舌鋒鋭くメスを入れるノンフィクションライター矢貫さんの連載コラム「侃々諤々」の今号の内容は、規制緩和が職業ドライバーと呼ばれる人々を、いかに苛烈な労働状況に追い込んだか、を論じたものだ。
かつてタクシードライバー、トラック運転手として生計をたてていた経歴を持つ著者だけに、短い文章量の中にも説得力がある。そう感じるのは、何も僕だけじゃないだろう。

加えて興味深かったのは、昔の職業ドライバーと呼ばれる人々が、段階を踏んで徐々に育っていったという件りである。
2トントラックで慣れてから4トン車に乗り換え、大型免許を取得して大型トラックの運転手となり、その後トレーラーの運転手を目指す。あるいは路線バスで経験を積んでから、観光バスの運転手となる。考えてみれば当然のことなのかもしれないが、今まで思いもしなかったことなので、読んでいてハッとさせられた。なるほどそういうことだったのか、と目を開かされた思いだ。

しかし最近はそういった順序を踏まない急造ドライバーが増え、その傾向は規制緩和以降、ますます拍車がかかっている状態だというから怖い。
実は先日もこんなことがあった。深夜長期リポート車のケイマンSで首都高を走っていたときのことだ。

追い越し車線をノロノロと走る個人タクシーに、進路をブロックされた。走行車線にはそう大差ないスピードで走るクルマがあったし、左側からの追い越しはなるべく避けたいので、いつものようにしばらく後ろで待つことにした。
ところがこの個人タクシー、走行車線のクルマの前に出ても、一向に左レーンに移る気配がない。そうこうするうち、猛烈な勢いで追い上げてくる1台のセダンがバックミラーに写った。どうやら旧型のセドリックかクラウンのようである。
流れを妨げるのは嫌だったので、仕方なく左から個人タクシーを追い抜いた。その時、例のセダンはケイマンSの背後にピッタリとくっついていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。