【スペック】全長×全幅×全高=4465×1935×1250mm/ホイールベース=2685mm/車重=1440kg/駆動方式=FR/7リッターV8 OHV16バルブ(511ps/6300rpm、64.9kgm/4800rpm)/価格=945万円(テスト車=同じ)

シボレー・コルベットZ06(FR/6MT)【短評(後編)】

GMを応援したくなる(後編) 2006.07.22 試乗記 シボレー・コルベットZ06(FR/6MT)コルベット史上、最強最速と謳われる「Z06」に試乗。511psを発生する7リッターV8エンジン搭載の新型には、味わい尽くすことのできない世界があるという。

手に汗にぎる圧倒的な加速

(前編からのつづき)7リッターV8なりの大トルクは、そこにはなかった。拍子抜けしつつ、でも油断は禁物とセカンドにシフトアップし、今度は右足を深く踏み込む。
鼓膜を突き破るような爆音とともに、Z06は3000rpmあたりでスーパースポーツの加速を演じはじめると、4000rpmではその世界を完全に超越し、重力をかなぐり捨てて、前方に吸い込まれていく。上半身がシートバックにめり込んだ自分は、どこかに飛ばされそうな気分になって、子供のように汗ばんだ手でステアリングをしっかり掴んでいた。

ビッグスポーツの圧倒的な加速感と、ライトウェイトスポーツのレスポンスが、なぜか同居している。別のカテゴリーでいえば、1リッタークラスのモーターサイクルを思わせる。いまやパワーウェイトレシオで1を切るモデルもあるあの世界に、Z06のダッシュは相通じるものがあるのだ。

ウインドスクリーンに速度や回転数を映し出すヘッドアップディスプレイは、このZ06にも装備される。フツーのコルベットではアミューズメントに思えたこのアイテムが、Z06では必要不可欠な機能に変わっていた。あまりに加速が凄すぎて、視線をメーターに落とす余裕がないからだ。
でもZ06、けっして“直線番長”ではなかった。

タイヤはノーマルより3〜4サイズ太くなっているのに、まっすぐ走る。ブレーキは、それだけで感涙にむせびそうなほど効く。Z06だけに装備されるドリルドディスクとフロント6/リア4ポッドのキャリパーのおかげもあるが、それ以上に軽さの恩恵をひしひし感じる。

右足に細心の注意を払えば、コーナリングスピードはけっこう高い。低重心のプッシュロッドV8にトランスアクスルを組み合わせるなど、パッケージングの段階で運動性能を追求した効果を痛感する。でも少しでも右足に力を込めれば、リアタイヤは小躍りするようにアウトへと滑り出していく。自分レベルの技量ではとうてい味わい尽くすことのできない世界が、そこにはあった。

世界一の自動車メーカーの底力

少しだけ冷静さを取り戻した心と体で、尋常ならざるパフォーマンスを味わいながら、世界一の自動車メーカーは、いざとなったらこういうクルマを作れなければイケナイと思った。
コルベットの送り手、ゼネラルモーターズ(GM)が苦境に陥っているのは、誰もが知る事実だ。最近のニュースでは、カルロス・ゴーン率いるルノー日産グループと提携交渉を始めるというから、相当深刻なのだろう。
数年後には、わがトヨタがGMを抜き、世界一の座につくのかもしれない。でも彼らに、コルベットZ06のようなクルマが作れるだろうか。
僕たちはクルマが好きだ。速いクルマ、カッコいいクルマが大好きだ。だからこそ世界一の自動車メーカーには、コルベットZ06のようなクルマを平気で作って売れる、器の大きさを持っていてほしい。
たった1台のスポーツカーに乗っただけなのに、僕は俄然、GMを応援したくなった。

(文=森口将之/写真=高橋信宏/2006年7月)

・シボレー・コルベットZ06(FR/6MT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018392.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る