【スペック】G:全長×全幅×全高=4260×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1400kg/駆動方式= FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4000rpm)/価格=256万2000円

トヨタ・ブレイドのライバル車はコレ【ライバル車はコレ】

団塊世代を狙うクルマ対決 2007.03.29 試乗記 トヨタ・ブレイドのライバル車はコレ

コンパクトボディに2.4リッターエンジンを積んだ、豪華装備の「トヨタ・ブレイド」。団塊世代をターゲットにした“大人ハッチ”のライバル車とは。

トヨタ・ブレイド(2.4リッター/224万7000円から277万2000円)

■“格”が違うハッチバック

トヨタの最新欧州戦略車でもあるオーリスをベースに、「より大排気量のエンジン」と「より豪華な装備」を惜しげもなく投入し、2BOXボディの持ち主でありながら「トヨタ・クラウン」や「トヨタ・マークII(現マークX)」クラスからのダウンサイズ派の団塊世代ユーザーにも訴求しようとするニューモデル――。

と、こんな風に紹介すると開発陣の顔が思わず曇ってしまう姿が想像できるもの。が、実際“ありてい”に表現すればこんな説明も決して的外れとは言えないのが、2006年12月に発売のブランニューモデル「ブレイド」だ。

基本的には同ボディのオーリスが、1.5もしくは1.8リッターエンジンを搭載するのに対して、こちらは同じ4気筒ユニットながら2.4リッターを搭載して“格”の違いをアピール。
どうしても「大きなヴィッツ」に見えてしまうオーリスに対し、派手なグリルやフェンダー上部にまで回り込んだヘッドライトなどで外装面を差別化し、インテリアでも基本デザインはオーリス同様ながら、ダッシュボード前面やメーターフード、ドアトリムなどにスエード調表皮を貼り込むなどで、上級感を強調する。
「小ぶりなボディに大きなエンジン」を詰め込んだので、加速能力の高さはいわずもがな。乗り心地はややかためだが、リアにウィッシュボーン式サスを奢ったそのフットワークの能力には侮れないものがある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る