【スペック】全長×全幅×全高=4730×1795×1870mm/ホイールベース=2850mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4100rpm)/価格=341万2500円(テスト車=379万290円)

三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT) 2007.03.28 試乗記 ……379万290円
総合評価……★★★★

発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。

すべての面で大きく改善

まるで軍用車のようなイメージもあった旧型に対し、すべての面で内容は大きく改善された。ギラギラ光る顔の化粧を除けば、この手のボックス型SUVとして頼もしさはある。
左右輪への荷重移動が激しく、ちょっと無理をすると転倒しそうな不安さえあった操縦安定性は、まだ完全に心を許せるまでには至らないが、ロールを感じることでドライバーから入力を加減することができる。だが、横風などの外乱には注意が必要か。パリダカなどでの経験が生かされているとは思えない。

資料によれば「2WDと4WDの燃費の差は1%」とあるが、この程度なら誤差のうち。私の経験によれば、切り替え式でも高速道路や長距離での計測では4WDのほうが良かった例も多い。この場合には2WDで走るメリットはほとんどないのだから、センターデフをつけるなりして「フルタイム4WD」化するのが望ましい。高速安定性の面でも好ましいことは明らかだ。

一方で、室内のいろいろな細工は上々。ボックス型ゆえの室内空間は、広く有効に使われている。2列目と3列目の客間の乗り心地は、この手のSUVの中でも秀逸。

 
三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】の画像
後席3列目からの眺め。天井に設けられた“隙間”は間接照明の「ルーフビームガーニッシュ」。インテリアのイルミネーションにはこだわったという。
後席3列目からの眺め。天井に設けられた“隙間”は間接照明の「ルーフビームガーニッシュ」。インテリアのイルミネーションにはこだわったという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デリカD:5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】 2007.2.14 試乗記 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)
    ……379万290円

    三菱のミニバン「デリカ」が、13年ぶりにフルモデルチェンジをはたした。「D:5(ディーファイブ)」というサブネームをいただき、ハード面を一新したという5代目の乗り味は? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
ホームへ戻る