第314回:新型「ジープ・ラングラー」試乗!
つくづくクルマは“クルマじゃなくって道”だ!

2007.03.27 エッセイ

第314回:新型「ジープ・ラングラー」試乗!つくづくクルマは“クルマじゃなくって道”だ!

コイツは新種の生き物か!?

不肖小沢、ふ、不覚にも「ジープ」に乗って、生まれて初めて感動してしまいましたっ!
先日富士山麓で行われた新型ラングラーの試乗会。『webCG』でもビシバシ紹介されてて、ボディが大幅に大きくなってる上に、エンジンが直6からV6になって、さらにラングラー初の4ドアモデルまで登場して大幅に使いやすくなってるんだけどそういう問題じゃないんだよねぇ。
実際に感動したのは、道のほうなんです。

今回クライスラーさんが用意してくれたのは、山麓のテストコース。これがジープの聖地として有名な悪路“ルビコン”を想定してるかはわかんないんだけど、激しいアップダウンアリ〜の、ぬかるみアリ〜の、でこぼこ岩アリ〜の、いわば人もマトモに歩けないような場所。で、モータージャーナリスト生活はや15年以上の俺。悪路走るのはもちろん初めてじゃないけど、ここまで本格的なのは記憶にないようで、単純に感動しちゃったわけよ。

だってこの新型ラングラーの本格悪路仕様「ルビコン」、そこをナメクジよろしく突起物を吸収するようにヌメヌメ登っていっちゃうんだから。唯一、タイヤ両輪が同時にハマっちゃうところは抜けれなかったけど、ホント、クルマっていうより新種の生き物に乗ってるみたいでした。

あと4WDマニアの人には笑われちゃうんだろうけど、ジープってマニュアル車でも全然エンストしないんだよね。驚き。悪路用の一番低いギアを選択しとけば、トルクが太いからブレーキを思いっきりかけてもエンストしない。ホント、ジープ・ラングラーってステキです。


第314回:新型「ジープ・ラングラー」試乗!つくづくクルマは“クルマじゃなくって道”だ!の画像
コイツは「ルビコン」。新たにブレーキロックディファレンシャルやスウェイバーが付いた。
コイツは「ルビコン」。新たにブレーキロックディファレンシャルやスウェイバーが付いた。
沼地はヘーチャラ、エンストもしない。
沼地はヘーチャラ、エンストもしない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』