クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3806×1668×1441mm/ホイールベース=2432mm/車重=1150kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、15.6kgm/4400rpm)(欧州仕様)(写真=高橋信宏)

マイクラC+C Sport1.6(FF/4AT)【試乗記】

お転婆さん(死語) 2007.03.27 試乗記 マイクラC+C Sport1.6(FF/4AT)

まもなく日本に導入される(であろう)「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ「マイクラC+C」。試乗する機会を得たリポーターが走り出してみると……。

マーチカブリオレに乗る

2002年のパリサロンで展示された……と書くと、ずいぶん古いハナシに感じられる「日産マーチCC」こと「マイクラC+C」。
欧州では2005年末に市販モデルがリリースされ、ようやくわが国にも導入されることとなった。……といっても、明らかにされたのは、07年度中ごろに販売が開始されるということだけ。

価格は……、1.4と1.6リッターがある英国で、後者が約1万4000ポンド(約330万)。マイクラC+C、けっこう高いクルマなのである。日本では、がんばって250〜300万円くらいになろうか?

NDE(日産デザインヨーロッパ)がデザイン、NTCE(日産テクニカルセンターヨーロッパ)が開発し、NMUK(英国日産自動車製造会社)サンダーランド工場でつくられるマイクラC+C。英国のサイトでは、“nothing but sky”なんてシャレたコピーが踊るマイクラC+C。テスト車が用意されたので、乗ってみた。

駐車場から公道に出ようと左にウィンカーを……、ワイパーが動いた。ウィンカーレバーは左。スピードメーターはマイル表示。ナンバーは付いているものの、乗ったクルマは英国生産車そのものだった。

折り畳み可能な屋根は、ショーモデルのメタル製トップ(仏ユーリエ製)から独カルマン社の手になるグラストップに変わった。クーペ・カブリオレの常として、天井は前後に短い。ガラスがはめられ、サンシェードが備わる。
快晴に恵まれたテスト日には、それでも陽光が漏れ落ちてきて、室内は十二分に明るかった。小ぶりなキャビンを広く感じさせる、という実利面より、ハッピーな気分にさせる精神的効果大。

注目の記事PR
注目の記事一覧へ

楽しいクルマ

エンジンはマーチ最大の1.6リッター(110ps/6000rpm、15.6kgm/4400rpm)。日本導入予定のモデルは、CVTならぬトルコン式4段ATを組み合わせる。重いルーフおよびボディの補強で、ノーマルの3ドアハッチより130kgほどウェイトを増しているが、スロットルペダルを踏み込めば、4気筒は健康なエンジン音をたててC+Cを元気よく走らせる。ルックス通り、走りも“お転婆さん”(死語)といった感じだ。電動パワステは、人工的に重め。

前席左右に設置されたボタンを押すだけで開閉できるルーフは、カタログ上22秒ということだが、サイドウィンドウの開閉を入れると実測30秒前後。赤信号の間に慌てて稼動させるのはやめたほうがよさそうだ。

オープン時には、これまたAピラーを寝かさざるを得ないCCボディの常として、開放感はあまりない。左右の後席ヘッドレストの間に可愛らしい風よけがわたされるが、それでも窓を開けていると、髪が風になぶられる。

新しいマーチカブリオレは、スポーツカーよろしくオープンエアに身を浸すというより、サイドウィンドウを上げて、見られる自分を楽しむといった類のクルマである。

屋根を下ろすと、自動車専門誌記者の職業的な観察からすると、わずかながらフロントスクリーン付け根あたりがワナワナするが、このクルマの場合、目くじらを立てて指摘することではあるまい。

意外だったのが、高速巡航を得意とすること。国内用マーチと比較すると、明らかに“硬め”にセッティングされた足まわりと大きめの排気量の恩恵で、落ち着いた気分でハイスピードクルージングを楽しめる。

さっぱり実用的ではないが、それでもリアシートが備わる小さなカブリオレ。オープン時にはいささか容量が頼りない荷室は、それでも「プジョー307CC」を上まわるスペースが確保されたという。ことさらエクサイティングなハンドリングはもたないけれど、それでも運転していて楽しいクルマである、マイクラC+Cは。

発売が待ち遠しい。

(文=NAVIアオキ/写真=小河原認、高橋信宏/『NAVI』2007年4月号)

関連キーワード:
マーチ日産試乗記

あなたにおすすめの記事