第24回:「ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ」です

2007.03.26 エッセイ

第24回:「ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ」です

100kg軽い

「ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ」ですね。

ウジャウジャいます。

「ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ」は、カーボンパーツを多用して、ノーマル「ランボルギーニ・ガヤルド」より軽量化したモデル。特別仕様車ではなく、ちょっと前の「フェラーリ360モデナ」と「チャレンジストラダーレ」みたいな関係で、カタログに載ります。

日本では2554万1250円。ノーマル・ガヤルドより350万-450万円ほどお高いことに。オートマ免許で乗れる「e-gear」こと2ペダル式6段MTと、普通の6段MTモデルがあって、「スーパーレジェーラ」の場合、値段は変わりません。

コンベンショナルなH型のマニュアルは、シフトストロークが長くて、「ガッチャン、ガッチャン!」と大変だから、マニュアル派のアナタにも、e-gearをおすすめします。もしご購入を検討なさるなら。

サイドに描かれた「Superleggera」の文字が、スペシャルモデルの証。注目の車重は、ノーマル1430kgより100kgも軽くなりましたあぁぁぁ! 

で、1330kg(ただし“ドライウェイト”)。

「最初からその重量で出せよ」とは、言わない約束。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ