第23回:「ロータス・エリーゼS」です(2)

2007.03.25 エッセイ

第23回:「ロータス・エリーゼS」です(2)

200kg近く……

【写真・上】

「ロータス・エリーゼS」です。名前に「S」と付いているけれど、いまのロータス・ラインナップでは、「もっともベーシックなグレード」てなことは、前々回に紹介しました。

「1.8リッター(136ps)+5段MT」で、453万6000円。ただし、「フェイスレベルベンチレーション付きエアコン」(26万2500円)は必須のオプションでありましょう。しめて479万8500円也。

【写真・中】

“アルミのバスタブ”といった構造が納得できるカットですね。もう「これでもかッ!」というほど“アルミ”が強調されてます。

“軽め穴”のあいた「助手席フットレスト」がステキ。オーディオは標準装備で、MP3対応のAlpine製が載ってます。細かいことですけど、空調の調整ダイヤルがテカテカ光ってて、「ロータス・ヨーロッパ」のそれより、ちょっぴり安っぽいかな(第9回を参照ください)。

安っぽいといえば、写真右下のシフトレバーのカバーは薄い樹脂製で、指で押すとペコペコする。でも、これには「軽量化のため」という断固たる理由があるわけで、むしろ誇らしいかも。

【写真・下】

エリーゼS、運転席と助手席の距離がごく近いので、なろうことなら同乗者を選びたい。その前に「一緒に乗ってくれるのか!?」という問題が……。

ステアリングホイールやダッシュボードの上面に、アルカンタラが部分的に使われて、エリーゼもずいぶん贅沢になったもの。床には、ちゃんとカーペットがひかれてます。

ちなみに初代「ロータス・エリーゼ」本国仕様の重量は675kg。現行2代目は860kg(車検での軸重は330/540=870kg)だから、200kg近く重くなってる。ロータスほど“軽量化”のために根本的に努力していてもこうだから……、クルマって、重くなりやすいんですね。いまさら、ですが。

(webCGアオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ