第22回:「キドニーグリル」です

2007.03.24 エッセイ

第22回:「キドニーグリル」です


第22回:「キドニーグリル」です

待ち合わせに便利!?

成田新東京国際空港に、キドニーグリルのついたモノリス出現!?

ていうか、空港内でクルマ好きが待ち合わせするのに便利な「BMW版“モアイ像”」(?)ってとこでしょうか??

実は2つのグリルがディスプレイになっていて、ときどきイメージビデオやらただのイメージやら動画やらが表示されては消えていきます。あと、F1マシンのサウンドも響いてますね。

そばに立っている説明板によると、「BMW Japan Corpは、今年、創立25周年を迎えました、云々」と書いてある。「これからも宜しく!」ということですな。

そのほかにも、「BMWの前身は、航空機エンジンを製造するメーカー」「青と白の円形のエンブレムは、雲を切る飛行機のプロペラと青空を象徴」といった記述もあり。

多くのヒトの目に留まる空港に、自動車メーカーがニューモデルを展示するのは、よくあること。コレも、そのバリエーションといえましょう。

ビーエムとヒコーキとの関係については、『クルマが先か? ヒコーキが先か?』(岡部いさく著/二玄社刊)に詳しい。すでにMk.IIも刊行されて……、

ハッ!

そういえば、そろそろ次の『クルマが先か? ヒコーキが先か?』が出るはず。今度は、Mk.IIIです!!

「1800円+税」になります!

(webCGアオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ