【スペック】クーパーS:全長×全幅×全高=3715×1685×1430mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(175ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=295万円(テスト車=330万9000円)

MINIクーパーS (FF/6MT)【ブリーフテスト】

MINIクーパーS (FF/6MT) 2007.03.24 試乗記 ……330万9000円
総合評価……★★★★

BMW製エンジンを搭載して一新された2代目「MINI」は、デザインの大きな変更はないが、中身がフルモデルチェンジされた。スポーティモデルの「クーパーS」に試乗して進化を試す。

MINIクーパーS (FF/6MT)【ブリーフテスト】

もっと増えていい

日本車のフルモデルチェンジというと、旧型の姿が思い浮かばないほど大胆にスタイルを変えてきたり、バッジのデザインも違ったりと、本当に名前を受け継ぐ意味があるんだろうか? と考えさせられる場合が少なくない。その点、輸入車は「ひと目で○×△□とわかるフォルムを受け継ぎながら……」の常套句どおり、独自のアイデンティティを守り続けているモデルが多い。

しかし、フルモデルチェンジの前後でここまで見た目が変わらないのは珍しい。もちろん、見る人が見れば違いは明らかなのだろうが、世の中のほとんどの人は気づかないと思うし、そもそも変わってほしいと考える人もごく少数のはずだ。
それを自動車メーカーがモデルサイクルの都合だけで完成度の高いデザインを変える必要はないし、そういったクルマなら、中身だけを時代の要求に即してバージョンアップすればいいわけである。

実際、ニューMINIでは、見た目の変化の少なさとは裏腹に、さまざまな部分に手が加えられて、クルマとしての魅力が確実にアップしている。こういうやり方、もっと増えてもいいんじゃないかな、と私は思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る