【スペック】クーパーS:全長×全幅×全高=3715×1685×1430mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(175ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=295万円(テスト車=330万9000円)

MINIクーパーS (FF/6MT)【ブリーフテスト】

MINIクーパーS (FF/6MT) 2007.03.24 試乗記 ……330万9000円
総合評価……★★★★

BMW製エンジンを搭載して一新された2代目「MINI」は、デザインの大きな変更はないが、中身がフルモデルチェンジされた。スポーティモデルの「クーパーS」に試乗して進化を試す。

MINIクーパーS (FF/6MT)【ブリーフテスト】

もっと増えていい

日本車のフルモデルチェンジというと、旧型の姿が思い浮かばないほど大胆にスタイルを変えてきたり、バッジのデザインも違ったりと、本当に名前を受け継ぐ意味があるんだろうか? と考えさせられる場合が少なくない。その点、輸入車は「ひと目で○×△□とわかるフォルムを受け継ぎながら……」の常套句どおり、独自のアイデンティティを守り続けているモデルが多い。

しかし、フルモデルチェンジの前後でここまで見た目が変わらないのは珍しい。もちろん、見る人が見れば違いは明らかなのだろうが、世の中のほとんどの人は気づかないと思うし、そもそも変わってほしいと考える人もごく少数のはずだ。
それを自動車メーカーがモデルサイクルの都合だけで完成度の高いデザインを変える必要はないし、そういったクルマなら、中身だけを時代の要求に即してバージョンアップすればいいわけである。

実際、ニューMINIでは、見た目の変化の少なさとは裏腹に、さまざまな部分に手が加えられて、クルマとしての魅力が確実にアップしている。こういうやり方、もっと増えてもいいんじゃないかな、と私は思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る