シトロエン・ピカソ(5MT)【試乗記】

シトロエンのミニバン、ピカソに乗る 2000.08.14 試乗記

ヒトや荷物を満載してはるか彼方へシトロエン・ピカソ 1.8i 16V(5MT)……278.0万円

知らぬ者のない有名画家の名をもつシトロエンのミニバンは、ツルンとスタイリッシュな外観が印象派じゃなくて、キュビスムというか青の時代。クサラより220mm延ばされたホイールベース2760mmは、エグザンティアより20mm長い。その恩恵で、キャビンは広い。2列5座のレイアウトをもち、後席3つは取り外しが可能。後席は、身長180cmの筆者が足を組めるほど。
前マクファーソン・ストラット、後トーションビームというサスペンション形式はクサラと同じ。1名乗車で街なかをトロトロ走ると、乗り心地は硬い。しかし、5名乗車や高速走行時はしなやか。山道でのハンドリングは、クサラ同様、望外に軽快だ。
最高出力116ps/5500rpm、最大トルク16.3kgm/4000rpmを発する1.8リッター直4DOHCユニットは、低回転域でのトルクがやや細い。ただし、それ以外は滑らかで静かな好エンジン。ウッカリしていると、存在を忘れる。
ピカソは、人や荷物を載せるほど、速度を上げるほど、良さが出る。バカンスと長距離ドライブが似合うシトロエンらしいミニバン。日本人には合わないカモ。5段MTしかないからだ。

(NAVI サトー/写真=望月浩彦)

車両協力=LINE (電話.03-5494-7379)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る