第21回:「ロータス・エリーゼS」です

2007.03.22 エッセイ

第21回:「ロータス・エリーゼS」です


第19回:「ロータス・エリーゼS」です

エリーゼの復習

「ロータス・エリーゼS」ですね。

富士山と一緒に写そうとした典型的な観光写真ですが、それはともかく、エリーゼS、「S」とはいっても、いまのロータスのなかでは、もっともベーシックなモデル。トヨタ由来の1.8リッター(136ps)を背負い、ギアボックスは5段MTとなります。453万6000円也。

ちなみに、性能がもっと高いエリーゼは「エリーゼR」。エンジンはやっぱり1.8ながら、「S」が可変バルブタイミング機構付きなのと比較して、「R」は可変バルブタイミング&バルブリフト機構付き。

つまりバルブ機構が「VVT」から「VVTL-i」となるわけで、バルブの開閉のタイミングのみならず、開く量まで変えて、必要ならもっとガッツリ空気を取り込みましょう、ということで、馬力も136psから192psに大幅アップ。ギアボックスも5段から6段MTにグレードアップ。価格も、588万円に大幅アップ!

で、「エリーゼR」に屋根が付くと「エキシージ」と名前が変わり、「1.8VVTL-i+6段MT」の動力系は同じまま、値段は627万9000円になり……

そのうえ1.8VVTL-iにスーパーチャージャーが付くと、今度は「エキシージS」になる。221psのパワーでもって、静止から100km/hに達するまで、わずか4.3秒! 価格も690万9000円!!

性能と名前のインフレーションは、各自動車メーカーの悩みにタネであります。

一方、価格と性能の上昇具合に、世のスポーツカー好きは頭を悩ますわけで……。

(つづく)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ