「VWゴルフ・トゥーラン」が高出力、低燃費にマイナーチェンジ

2007.03.22 自動車ニュース

「VWゴルフ・トゥーラン」が高出力、低燃費にマイナーチェンジ

フォルクスワーゲングループジャパンは、「ゴルフ」ベースの7人乗りミニバン「ゴルフ・トゥーラン」をマイナーチェンジ。エンジンを全面的に変更し、2007年4月10日から新しいラインナップでの販売を開始する。

■全グレードTSIエンジン

今回のマイナーチェンジでもっとも大きなトピックは、新エンジンの採用である。
従来の1.6と2リッターエンジンに換わり、1.4リッターツインチャージャーエンジンを全グレードに搭載した。これは先に発売された「ゴルフGT TSI」のユニット同様、スーパーチャージャーとターボチャージャーという2つの過給器を備えることで、高出力と低燃費を実現したと謳われるものである。

トゥーラン用としては、チューニングの違いで140psと170psを用意。それぞれ「トレンドライン」「ハイライン」というグレードにあてがわれる。さらにトランスミッションもあわせて変更され、従来の6ATから2ペダルMTである6段DSGとなった。

■価格はほぼ据え置き

外観では「ジェッタ」「パサート」など、VW車のアイデンティティとなる「ワッペングリル」を採用。「ハイライン」ではさらにクロームパーツを各所に用いて高級感が演出された。

安全装備としてはABSはもちろん、ESP、ブレーキアシスト、6エアバッグなどを標準装備。坂道発進を助けるヒルホルダー機能も付与される。「ハイライン」グレードにはステアリング操作に応じて照射角を変化させるバイキセノンの「スタティック&ダイナミックコーナリングライト」も備わる。

価格は「TSIトレンドライン」が275.0万円、「TSIハイライン」が325.0万円。従来の「E」「GLi」に対して、それぞれ1.0万円安、3.0万円高と、ほぼ据え置きとなる。

(webCG 本諏訪)

「フォルクスワーゲン・トゥーラン TSIハイライン」
「フォルクスワーゲン・トゥーラン TSIハイライン」

「VWゴルフ・トゥーラン」が高出力、低燃費にマイナーチェンジの画像
1.4リッターTSIエンジンは、従来の同等グレード「E」に搭載される1.6リッターユニットに比べ、最高出力が10ps落ちた。そのいっぽうで、2.0kgm上乗せされた最大トルク22.4kgmを1500rpmから発生させる。
1.4リッターTSIエンジンは、従来の同等グレード「E」に搭載される1.6リッターユニットに比べ、最高出力が10ps落ちた。そのいっぽうで、2.0kgm上乗せされた最大トルク22.4kgmを1500rpmから発生させる。

「VWゴルフ・トゥーラン」が高出力、低燃費にマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】 2016.3.9 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」をベースとしたコンパクトミニバンの、新型「ゴルフトゥーラン」に試乗。ミニバンらしからぬ運動性能を備えた同車でドライブに出掛ける際に、ドライバーが気をつけなければならないこととは?
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
ホームへ戻る