第313回:たびたびスイマセン…アイスマン楽勝!
で、きっと出るであろうシューマッハ復活のウワサ

2007.03.22 エッセイ

第313回:たびたびスイマセン…アイスマン楽勝!で、きっと出るであろうシューマッハ復活のウワサ

予想通りの「後継者誕生」

うーん、アイスマン楽勝でした! 2007年F1シリーズの初戦オーストラリアGPは、フェラーリに乗ったキミ・ライコネンのぶっちぎりポール・トゥ・フィニッシュ。

シーズン前はチームメイトのマッサに遅れ気味だったアイスマン=ライコネンだけど、つくづく本番強いっス。うらやましい。
で、当の本人、勝利直後こそ興奮しておたけんでたみたいだけど、表彰台じゃいつものようにクールに対応。それでいて飲むと大暴れしてオマケに脱ぐってんだから、つくづくこの人のメンタリティには興味あるなぁ。

しかしまあ終わってみれば予想通りの、見事“シューマッハ後継者誕生の図”。

となると当然湧き上がってくるのがシューマッハ復活の話だよね。前も言ったんで「またか」って人もいるかもしれないけど、でもこれまた新聞報道によれば、表彰台に上がる直前にシューマッハ本人からの祝福の携帯電話があったらしい。しかし混信からか繋がらず、当のライコネンさん、「電話、あったみたいだね……」とつれないお返事。ったくアイスマンって奴は……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』