新型「フィアット500」ついにヴェールを脱ぐ!

2007.03.22 自動車ニュース
公開された生産型「500」。グラスルーフも実現した。
新型「フィアット500」ついにヴェールを脱ぐ!

新型「フィアット500」ついにヴェールを脱ぐ!

伊フィアットは、新型「フィアット500」(チンクエチェント)の概要と写真を、2007年3月21日に公表した。

「トレピゥーノ」と比べ、バンパーにはクロームが盛られた。
「トレピゥーノ」と比べ、バンパーにはクロームが盛られた。
サイドビュー。
サイドビュー。

■「パンダ」をベースに

サイズは3550×1650×1490mmで、ベースとなる「パンダ」より僅かに長く、広く、そして低い。ホイールベースはパンダとほぼ同様の2300mmである。

欧州で一番人気となるであろうエンジンは、1.3リッター・マルチジェット75psターボディーゼルだが、1.2リッター8バルブ69psと1.4リッター16バルブ100ps、2種類のガソリンユニットも用意される。
変速機は2種類で、いずれも手動の5段もしくは6段が組み合わされる。

ボディ細部では、プロトタイプ「トレピゥーノ」で提案された「バルケッタ」風のポップアップ式ドアノブこそ見送られたが、前後バンパーにはクロームが追加されている。また、エアインテーク形状も変更されている。

生産は、現行フィアットにおけるエントリーモデル「セイチェント」と同じ、ポーランド工場で行われる。

なかなか踏ん張り感のあるリアビュー。
なかなか踏ん張り感のあるリアビュー。
シートのエンボスには、フロントの“ヒゲ”モティーフが再現されている。
シートのエンボスには、フロントの“ヒゲ”モティーフが再現されている。
レトロ風情を醸しながらも、今日の小型車に求められる装備をひととおり盛り込んだダッシュボード。
レトロ風情を醸しながらも、今日の小型車に求められる装備をひととおり盛り込んだダッシュボード。

■“元祖”54万台がいまだに

正式発表は7月4日、トリノで行われる。ちょうど半世紀前に“元祖”500が発表されたのと同じ日という、粋な設定である。

発売も同日の予定。それが本当に実現すると、当初の発売予定日だった9月15日から前倒しされることになる。イタリアとしては異例のことだ。

しかしながら、2004年ジュネーブショーにおけるトレビゥーノ公開から3年。日本ではその間にどれだけの新型車が発売されたか、またこれから7月までに何台の新型車が出るかを考えると、思わず「待ってたんだよ」と、溜息をもらしてしまう。

ともかく、イタリアではさっそく、21日夜の民間テレビニュースでフィアット500誕生が伝えられた。
元祖がいまだ54万台が走り回っている事実やその記録映像、さらに愛好者クラブ会長の談話も交えて構成されていた。

往年の500を懐かしむ世代だけでなく、輸入車に乗り換えてしまったイタリアの若者たちも、これを機会にフィアット・ブランドに帰ってくるか、注目したいところだ。

そうしたメーカーの願いが込められているのか、新500告知キャンペーンのキャッチは、「Welcome back(おかえり)!」である。

(文=大矢アキオ-Akio Lorenzo OYA/写真=FIAT Automobiles)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る