【スペック】トレンドライン:全長×全幅×全高=4420×1795×1660mm/ホイールベース=2675mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブインタークーラー付きターボ+スーパーチャージャー(140ps/5600rpm、22.4kgm/1500-4000rpm)/価格=275万円(テスト車=302万9610円/MMS=25万2000円/ETC=2万7610円)

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン TSI トレンドライン(FF/2ペダル6MT)/ハイライン(FF/2ペダル6MT)【試乗速報】

「ゴルフ」より上 2007.03.22 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン TSI トレンドライン(FF/2ペダル6MT)/ハイライン(FF/2ペダル6MT)
……300万2000万円/350万2000円

フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」が、3年ぶりにマイナーチェンジ。
顔立ちだけでなく、話題の「TSI」エンジンや「DSG」ギアボックスなどを得て、中身も変わったという。その乗り味やいかに?

人気のクルマに、人気のエンジン

「ゴルフトゥーラン」は、7人乗れるコンパクトなインポートミニバンとして人気ナンバー1だ。そのトゥーランにも「ゴルフ」と同じくTSIエンジンが搭載された。
こちらはチューンが2つあって、140ps(トレンドライン)か170ps(ハイライン)のどちらかを選べる。
TSIはご存知のように、低回転域はスーパーチャージャーを利かし、高回転域ではターボチャージャーが威力を発揮する。中間域ではどちらも働く。

2種のチューンの違いはそれらの過給圧コントロールの相違によるものだ。その排気量は1.4リッターと小さく、当然ながら定速走行に移れば排気量なりの省燃費ぶりを発揮する。

「余裕」と称して大きめの排気量をもって、ガソリンを撒き散らしてきた時代は去りつつある。TSIエンジンは、これからの知的生活には欠かせないものになるだろう。
2007年2月6日に発売された同社の「ゴルフGT TSI」は、発売後3週間で1500台以上の受注があったという。高性能と省燃費を両立させたエンジンに対する巷の評価はすこぶる高い。

リアの「TSI」バッジ。トレンドラインは「I」のみが、ハイラインは「SI」の二文字が赤く塗られる。
リアの「TSI」バッジ。トレンドラインは「I」のみが、ハイラインは「SI」の二文字が赤く塗られる。
【スペック】ハイライン:全長×全幅×全高=4420×1795×1660mm/ホイールベース=2675mm/車重=1630kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブインタークーラー付きターボ+スーパーチャージャー(170ps/5600rpm、24.5kgm/1500-4000rpm)/価格=325万円(テスト車=352万9610円/MMS=25万2000円/ETC=2万7610円)
【スペック】ハイライン:全長×全幅×全高=4420×1795×1660mm/ホイールベース=2675mm/車重=1630kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブインタークーラー付きターボ+スーパーチャージャー(170ps/5600rpm、24.5kgm/1500-4000rpm)/価格=325万円(テスト車=352万9610円/MMS=25万2000円/ETC=2万7610円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る