第20回:「日産マイクラC+C」です(2)

2007.03.21 エッセイ

第20回:「日産マイクラC+C」です(2)

折りたたみ式ルーフ

ひきつづき「日産マイクラC+C」。

「マイクラ」は「マーチ」の欧州名です、念のため。

マイクラC+C、マーチとしては大きな1.6リッター直4(110ps、15.3kgm)積んで、トランスミッションはトルコン式の4段ATになります。CVTではなく。

重い折りたたみ式ハードトップを戴いているので、通常のハッチモデルより、車重は100kg以上重い1150kg。

ボディサイドの下部には、「KARMANN」の文字があります。条件反射で「カルマン・ギア」という車名が出てくる、ドイツのコーチビルダーですね。メーカーの依頼を受けてスペシャルボディをつくったり、車体の構成部品を一緒に開発したりしてます。

あら?

2002年のジュネーブショーで飾られたマイクラのCCモデルは、たしかフランスはユーリエ社のメタルトップを載せていたはず。事情はさだかではありませんが、途中でカルマン社にかわったようです。

で、カルマンのフォールディングルーフといえば、ガラストップ。「ルノー・メガーヌ」にも使われてます。

マイクラは小柄ですから、ガラス面積も控えめ。でも、十分、車内に光が差し込んで、明るく、楽しげ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ