「プジョー207」上陸、239万円から

2007.03.20 自動車ニュース

「プジョー207」上陸、239万円から

「プジョー207」上陸、239万円から

プジョー・ジャポンは、プジョーの新型ハッチバック「207」を、2007年3月20日から順次発売する。
5ドアのベーシック版「207」(239.0万円)と上級「207Cielo」(264.0万円)、そして3ドアの5MTスポーティバージョン「207GT」(264.0万円)の3本立てだ。

プジョー・ジャポンのティエリー・ポワラ社長(左)と、207発表会のためにフランスから駆けつけた、オートモビル・プジョーのフレデリック・サンジュール社長。「207を入門車として、プジョーブランドがスタイルだけで評価されるものではないことを、伝えていきたい」とコメントした。
プジョー・ジャポンのティエリー・ポワラ社長(左)と、207発表会のためにフランスから駆けつけた、オートモビル・プジョーのフレデリック・サンジュール社長。「207を入門車として、プジョーブランドがスタイルだけで評価されるものではないことを、伝えていきたい」とコメントした。
BMWと共同開発の1.6リッター直噴ターボエンジン。写真は「GTi」(後述)の175psバージョンだが、「GT」はチューニングの違いで150psとなる。
BMWと共同開発の1.6リッター直噴ターボエンジン。写真は「GTi」(後述)の175psバージョンだが、「GT」はチューニングの違いで150psとなる。

■大ヒット作の後継

「プジョー207」は、1999年にデビュー、世界的な大ヒットで歴代プジョー最多生産台数(590万台以上)を記録した「206」の後継車にあたる。

欧州では2006年3月のジュネーブショーで発表、4月にリリースを開始。昨年末までに30万台以上が販売された。かの地では既にクーペ・カブリオレ「207CC」やホットモデル「207RC」も発表されている。

206の延長線上にあるデザインからは、「307」「407」といった近年のプジョーファミリーに通ずるエッセンスも見てとれる。長いフロントランプ(前後長780mm)や大口エアインテーク、小さくてもボリューム感はありそうだ。

コンパクトカーとはいえボディは大型化の道をたどり、全長4030×全幅1750×全高1470mm、ホイールベース=2540mm。全長はプラス195mmで4mにまで成長し、幅は80mm、ホイールベースは100mmそれぞれ拡大した。

■BMWとの共同開発エンジン

注目のパワーユニットは、PSAプジョー・シトロエンとBMWグループが共同開発した1.6リッターガソリンエンジン2種類を用意。BMWでは新型「MINI」に搭載される。

207と207Cieloは、120psと16.3kgmを発生するNAユニットを搭載。4段ATを組み合わせる。

いっぽう、5MTのみのスポーティバージョンである207GTにはターボチャージャーを与え、150ps、24.5kgmとアウトプットを上げた。

レザーシートを備える「207Cielo」の内装。
レザーシートを備える「207Cielo」の内装。
発表会場では、今後導入が予定される上級グレード「GTi」に加え、先日のジュネーブショーで公開されたばかりの「207CC」も展示されていた。「CC」は夏前に上陸予定。「GTi」は未定だという。
発表会場では、今後導入が予定される上級グレード「GTi」に加え、先日のジュネーブショーで公開されたばかりの「207CC」も展示されていた。「CC」は夏前に上陸予定。「GTi」は未定だという。

「プジョー207」上陸、239万円からの画像

■パノラミックガラスルーフやレザーシート仕様

装備面では、左右独立式オートエアコン、アルミホイール、チルト&テレスコピックステアリングホイール、オートヘッドランプ、雨滴感知式オートワイパー、革巻きステアリングホイールなどを全車に標準装備。207 Cieloと207 GTには、パノラミックガラスルーフやハーフレザーシートが備わる。

さらに207Cieloには、ブラックとグレーのフルレザーシート(15.0万円高)が受注生産として設定される。

安全面では、車両の挙動を制御するESPや、ヘッドランプの照射範囲をコーナー内側に傾ける固定式ディレクショナル・ヘッドランプ(207Cielo、207GT)、フロント/サイド/サイドカーテンの6つのエアバッグなどを装備する。

なお3車種のリリース日は、207GTが3月20日、207と207Cieloは5月7日となる。

(webCG 有吉)


プジョー「207」:
http://www.peugeot.co.jp/cars/showroom/207/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る