第19回:「日産マイクラC+C」です

2007.03.20 エッセイ

第19回:「日産マイクラC+C」です

まだぁ?

「マイクラC+C」。

「日産マーチ」のクーペ・カブリオレですね!

……見ればわかります。

マーチのCC、ずいぶん前のオートショーで見た記憶が……と思って調べたら、デビューは2002年のパリサロン。もう5年も前じゃありませんか。
当時、壇上に飾られたショーモデルを見て、「うーむ、これはプジョー206CCの日産版である」と、いささかひねりのない感想をいだいたおぼえがあります。

マーチの車体に、プジョー206CCで実績のあるルーフシステムを載せるだけだから、「間もなく市販化!?」と安易に予想しましたが、はずれ。
欧州では2005年の末にようやく発売。昨2006年に販売が本格化しました。そして、日本にも、今年、2007年のなかごろに導入されることが発表されたわけです。

最近では、チラホラと広告で目にするようになったから、気になっている人もいらっしゃるでしょう。日産に広報車(メーカーがメディア用に用意する試乗車)が入ったので、雑誌やウェブなどにも登場するようになりました。

でも、日産、まだ値段を決めかねてる!?

マイクラC+Cは、イギリス生まれのイギリス育ち。生産は、英国はサンダーランド工場。「マーチ」じゃなくて、「マイクラ」として売るのも、そこんとこ意識したんでしょう。

ただ、クルマ好きに囲まれていると忘れてしまいますが、「マイクラ=マーチ」と理解している人の数が実はヒッジョーに少ないんじゃないか。そんな危惧の念があります。
彼の地では、マイクラC+C、1.4と1.6があって、日本に入るのは1.6。英国ではマニュアルの1.6が約1万4000ポンドからだから(オートマはオプション)、単純計算、日本円では330万円といったところでしょうか。

高い……。

プジョー206CCが268万円だから、もうすこし安くしないと競争力が、……って、プジョーからはもう次の「207CC」が発表されてるじゃないですか!

(webCGアオキ)


第19回:「日産マイクラC+C」ですの画像
クーペカブリオレ、お約束の写真。「こんな風に開閉します」の図。
クーペカブリオレ、お約束の写真。「こんな風に開閉します」の図。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ