【スペック】全長×全幅×全高=4209×1780×1460mm/ホイールベース=2625mm/車重=1255kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(165ps/5000rpm、27.5kgm/3250rpm)(欧州仕様)

ルノー・メガーヌGT(FF/6MT)【海外試乗記】

メガーヌの「グランドツーリング」 2007.03.20 試乗記 ルノー・メガーヌGT(FF/6MT)

欧州では、2006年末に発売された、「ルノー・メガーヌGT」。ホットバージョンの「RS(ルノースポール)」モデルをラインナップするメガーヌに、あえて「GT」モデルを追加したそのワケとは?

ルノー・メガーヌGT(FF/6MT)【海外試乗記】

「GT」モデルラッシュ

日本に導入されていない「ルノー・メガーヌGT」に、フランスで乗る機会があった。パリから北西へ300kmほど、ノルマンディ地方まで足をのばした。

日本市場だけ見ているとわからないことは、まだまだたくさんある。
コアな話題かもしれないけれど、ルノーが「GT」づいているのもそのひとつ。市販車のラインナップにこの2文字をつけたモデルが増えているのだ。

いまは日本では買えないアッパーミドルクラス「ラグナ」に2005年に追加されたのがはじまりで、2006年秋には「メガーヌ」に登場。
そして今月のジュネーブショーで発表されたばかりの新型「トゥインゴ」にも、スポーツモデルとしてGTが君臨している。

ラグナやトゥインゴはまだいいが、メガーヌには「ルノースポール(RS)」という生粋のホットハッチがあるのに、なぜGTというモデルを加えたのか。
フランスでその理由をたしかめてみた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る