F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】

2007.03.19 自動車ニュース
ジャン・トッド(左)の隣には赤いユニフォームのキミ・ライコネン。フェラーリの独走劇はお馴染みだが、このコンビに慣れるにはまだ時間が必要か。(写真=Ferrari)
F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】

【F1 07】開幕戦オーストラリアGP、ライコネン&フェラーリ独走V

F1世界選手権の2007年開幕戦オーストラリアGP決勝が、3月18日、オーストラリアのアルバートパーク・サーキット(5.303km)を58周して行われた。

マクラーレンのニューフェイスは2-3位。新人ルイス・ハミルトン(右)は、ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソに臆することなく、見事3位でゴールした。(写真=Mercedes Benz)
F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】
スタートシーン。予選1位ライコネン(手前右)、同2位アロンソ(左)の間に、白いBMWザウバーのニック・ハイドフェルドが割って入った。(写真=Ferrari)
F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】

ポスト・ミハエル・シューマッハー時代の幕開けでもある初戦を制したのは、シューマッハーの後釜としてフェラーリに移籍したキミ・ライコネン。ポールポジションから独走し、2005年秋の日本GP以来となる自身通算10勝目を手にした。

2位はディフェンディングチャンピオンのフェルナンド・アロンソ、3位はルーキーのルイス・ハミルトン。昨年未勝利に終わったマクラーレン・メルセデスが2-3フィニッシュを達成した。

レース序盤2位を走行したニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)が4位、チャンピオンチーム、ルノーのジャンカルロ・フィジケラ5位、グリッド後方から1ストップで乗り切ったフェリッペ・マッサ(フェラーリ)は6位。
以下、ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・トヨタ)7位、ラルフ・シューマッハー(トヨタ)8位らが入賞した。

ホンダ勢は、ルーベンス・バリケロ11位、ジェンソン・バトン15位と低調なスタートとなった。

予選10位と予想以上の好スタートにわいたスーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨は12位でゴール。チームメイトのアンソニー・デイヴィッドソンは、スタートシステム不調、接触など不運に見舞われながら16位でレースを終えた。

終盤、一瞬気が緩んでコースオフするも、ほぼ完璧なレース運びでフェラーリでの1勝目を手に入れたライコネン。初タイトルに向けて幸先の良いスタートを切った。(写真=Ferrari)
F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】
マクラーレン初戦のアロンソは、新人ハミルトンを2回目のピットストップで逆転。フェラーリには追いつけなかったが、被害を最小限に抑えた。チームは2-3でコンストラクターズランキング首位に。(写真=Mercedes Benz)
F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】
冬のテストで好調だったBMWザウバー。ハイドフェルド(写真)は予選3位からレース序盤2位を走行。ポテンシャルの高さを示した。しかしチームメイトのロバート・クビサはギアボックストラブルでリタイア。信頼性という課題は残る。(写真=BMW)
F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】

■ライコネン&フェラーリ独走の年!?

シーズン前の大方の予想どおり、フェラーリの速さが際立った開幕戦だった。
トップ10グリッドを決めるQ3、ライコネンは2位アロンソに0.4秒の差をつけ通算12回目のポールポジションを獲得した。

しかしフェラーリとて万事が思いどおりではなく、予選でマッサにギアボックストラブルが発生。後方からのスタートが決まったことで、レース前にエンジン交換を実施、最後尾からの立て直しを迫られた。

レーススタートでは、フロントローの二強、ライコネン&アロンソの間に、予選3位のハイドフェルド、同4位のハミルトンが割って入った。

ライコネンは序盤からリードタイムを拡げ、早々に優勝への一人旅を始めた。フェラーリ独走劇という、シューマッハー時代によく見られた光景の再現だ。

スタートで2位に躍り出たハイドフェルドは、ソフトタイヤで飛ばしたものの14周目に真っ先にピットインし、以後先頭集団に返り咲くことはなかった。

かわってライコネンを追ったのがマクラーレンの2台。なかでも22歳のハミルトンは、ワールドチャンピオンであるチームメイト、アロンソを真後ろに従え、落ち着いたレース運びを披露。デビュー戦でスーパールーキーの片鱗を示した。

虎視眈々と上位を狙うアロンソは、2回目のピット作業後に2位へとポジションアップ。勝てないときは被害を最小限にという、彼らしいしぶとさは健在だ。

ポディウム中央にフェラーリ。祝福するジャン・トッド監督の隣は、喜びを全身であらわすドイツ人ではなく、ポーカーフェイスのフィンランド人。時代は変わる、フェラーリの強さは変わらない、という印象を与える結果だった。

しかし、2007年は全17戦中1戦が終わったに過ぎない。
昨年未勝利という屈辱を味わったマクラーレンの復活、アロンソの底力、ハミルトンという新人の力量、トップ2に迫るBMWの勢い、開幕戦で足並みをそろえられなかった他チームの復調など、これから本格化するシーズンは、期待のかかるファクターに満ちているのだ。

チャンピオンチーム、ルノーは予想通り苦戦。ハミルトンと並ぶ大物新人といわれるヘイキ・コバライネンは、度重なるミスにより予選13位から10位完走がやっと。ベテランのジャンカルロ・フィジケラ(写真左)は、終盤マッサを何とか押さえきり5位4点を獲得。(写真=Renault)
F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】
話題の“アースカラー”、ホンダはいいところなしで初戦を終えた。予選ではジェンソン・バトン14位、ルーベンス・バリケロ(写真)17位。決勝では両者ペースが伸びず、重いバトンにバリケロが引っかかるなどしポイント獲得はならなかった。バリケロ11位、バトン15位でゴール。(写真=Honda)
F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】
2年目のスーパーアグリは、デビューイヤーと打って変わって、いきなり佐藤琢磨(写真)が予選10位を獲得。決勝でも激しい中段争いのなかで12位完走と好調なスタートを切った。アンソニー・デイヴィッドソンはスタートで躓き、接触など不運にも見舞われ結局16位でゴールした。
なお、昨年の「ホンダRA106」をベースとした「SA07」が協定違反だと他チームから非難されており、法廷論争に発展しそうなのが気になるところ。 (写真=Honda)
F1開幕戦、ライコネン&フェラーリ独走V【F1 07】

次戦はフライアウェイの2戦目、マレーシアGP。2週間後の4月8日に決勝が行われる。

(webCG 有吉)


【2007年レギュレーションの主な動き】
・タイヤはブリヂストン(BS)のワンメイク。1年をとおして全チームに同じタイヤが供給される。
・(ドライ)タイヤのコンパウンドは4種類(スーパーソフト、ソフト、ミディアム、ハード)で、うちBSが選んだ2種類が1レースに持ち込まれる。
・金土日それぞれ使えるタイヤ本数が決められているが、レース中は2種類のコンパウンドを必ず使わなければならない。
・2年目に入る2.4リッターV8ユニットは、2010年まで開発が凍結され、大きな変更は加えられない。
・エンジンは最高回転数が19000rpmに制限される。
・2レース1エンジン規定は継続される。
・セーフティカー(SC)導入のサインが表示された直後は、「給油を目的とした」ピットインが禁止される。
・SCが全車の隊列を先導するようになると、ピットがオープンし給油にゴーサインが出る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。