第17回:「キャデラックSRX」です(4)

2007.03.18 エッセイ

第17回:「キャデラックSRX」です(4)

新しい内装

2007年モデルで右ハンドルが加わった「キャデラックSRX」です。

3.6リッターV6、4.6リッターV8とも、「革内装」(もちろんパワーシート/シートヒーター付き)、「ウッド&本革巻きステアリングホイール」「ウッドトリム」となり、「オートエアコン」「CD&DVDプレイヤー」「BOSEプレミアムサウンド(3.6は8スピーカー、4.6は11スピーカー)」を標準で装備。V8モデルには、「DVD式ナビゲーション・システム」も付いてきます。

価格は……
・3.6V6:648万5000円
・4.6V8:758万5000円

ちなみに、「BMW X5」は……
・3.0i:667万円
・4.4i:934万円

では、「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」……
・V6シュトルツ:533万円
・V8シュトルツ:733万円

「キャデラックSRX」は、「トゥアレグ」と「X5」の間にポジショニングしているわけですね。

それにしても、X5、いいお値段だなぁ。
SRXも本国と比較すると、だいぶお高くなっていますが、まあ、装備満載ですから。

2007年型SRXの内装は、デザインに手が入って、素材のグレードも上がった感じ。

ニュージェネレーション・キャデラックの旗印、“アート&サイエンス”デザイン全開のころは、「車内のいたるところに不安定な斜線が駆け抜けている」という印象だったから、マイナーチェンジでずいぶんと“普通”に抑えられた。“普通”をどう判断するかは、人それぞれですが。

ハナシは戻って、右ハンドル、大いに歓迎したいところだけど……

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ