第16回:「キャデラックSRX」です(3)

2007.03.17 エッセイ

第16回:「キャデラックSRX」です(3)

質感向上

日本流に言えば、ビッグマイナーチェンジを受けた「キャデラックSRX」。

正直、「SRXって、どんなんだっけ?」という人も多いと思います。
見かけはだいぶ違いますが、キャデラックのセダン「CTS」や「STS」の兄弟ですな。都会派クロカン風(!?)に装った乗用車(??)ということで、トヨタで言えば「RAV4」とか「ハリアー」にあたる。

SRXの全長はほぼ5mだから、「ハリアー」より20cmくらい長いけど、だがしかし、本国アメリカでは“ミディアム”サイズ。彼の地では、SRXの兄貴分として、5m15の「エスカレード」とか、5m66の「エスカレードESV」とかが控えております。

SRXのラインナップは、
・3.6リッターV6
・4.6リッターV8
の2種類。

2007年のSRXは、V8モデルのオートマが5段から6段になったというビッグニュースがありますが、ユーザーにとっては内装が変わったほうが大きいかも。

デザインがリニューアルされ、品質感が向上した……、たしかに、した。本当に。

新旧を較べてみると……

あああぁぁぁ!!

写真が下手すぎて、旧型の方がキレイに見えるかも!

(webCGアオキ)


第16回:「キャデラックSRX」です(3)
マイチェン前の資料写真
第16回:「キャデラックSRX」です(3)
2007年モデル
第16回:「キャデラックSRX」です(3)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ