最終章:「『君たちはもう大丈夫だ』と言いたかったけど……」

2007.03.17 エッセイ

最終章:「『君たちはもう大丈夫だ』と言いたかったけど……」

フィアット・ブラーヴォ
フィアット・ブラーヴォ
アルファ159スポーツワゴンTI(FIAT photo)
アルファ159スポーツワゴンTI(FIAT photo)

伝説のTIが復活

今年のジュネーブ・ショーでフィアット・グループ3ブランドは、派手なコンセプトカーこそ発表しなかった。だが、いずれも身近で現実的ゆえに魅力あるトピックが多かった。

まずフィアットは、さきにイタリアで発表され本コラムでも紹介した新型ブラーヴォの世界公開を行った。(詳しくはこちら

イタリア的なエモーショナルなフォルムが功を奏したようで、現地メディアでも「今度のブラーヴォは、ホントにbravo(よい)」と、なかなかの評判だった。

アルファ・ロメオは、従来からブレラに設定されていた200馬力JTDmターボディーゼルをスパイダーにも搭載したほか、ブレラとスパイダー両モデルにセレスピード仕様を追加した。後者は日本市場での販売に弾みをつけるに違いない。

159には、懐かしいTI(トゥリズモ・インテルナツィオナーレ)の名前を復活させた。ブレーキ性能を強化し、特製レザー内装を奢ったバージョンだ。

同時に、すでにメルセデスで行われているような特注内装オーダーシステムを全車に導入し、優雅さとモダーンさを重視した“ヴィンテージ”、レザーを強調した“コレツィオーネ”、スポーティーな“TI”の中から選べるようになった。

これがランチアの新ロゴ。
これがランチアの新ロゴ。
ランチア・カフェ。記者の皆さんも、しばし仕事を放棄して一杯。
ランチア・カフェ。記者の皆さんも、しばし仕事を放棄して一杯。

ランチアが新ロゴ発表

いっぽう、ちょっとしたサプライズは、ランチアが提供してくれた。
1979年のランチア・デルタ以来使われてきたエンブレムを、28年ぶりにリファインしたのである。ランチア史上6番目のデザインだ。

「世界のディーラーの看板掛け替え、大変だろうな」とか、「なんで創業100年の昨年にやらなかったんだろう」などと思いは巡るが、ブランド復活の“のろし”として評価しよう。

さらにランチアは、今年から各地のイベントで展開するという「ランチア・カフェ」のサンプルを一角に設営し、実際にエスプレッソ・コーヒーを提供した。

他社では真似できない“イタリアらしさ”でお客をシビれさせることを覚えたとは。フィアットのマーケティング・センスは、もう大丈夫である。


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

イタリアコラムニスト。1966年東京生まれ。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒。 二玄社『SUPER CG』編集部員を経て、1996年独立と同時にイタリア在住。 著書に「イタリア式クルマ生活術」光人社刊 ほか著書多数。