第15回:「キャデラックSRX」です(2)

2007.03.16 エッセイ

第15回:「キャデラックSRX」です(2)

企業努力

「キャデラックSRX」ですね。

キャデラックのセダン「STS」に、「クロスオーバー、クロスオーバー」と呪文をかけたら、

ボン!

という音ともに煙のなかから……

「いいかげんにしろ!」という読者の方からの声が聞こえてきたので、「キャデラックSRX」2007年モデルの説明をさせていただきます。

写真をご覧ください。

一部の不心得者が、「キノコ」と呼ぶフェンダーのサブミラー。運転席から見えにくい側のボディ下部を確認するための、日本独特の装備ですね。

ん? 運転席側の反対!?

と気づいたアナタは鋭い!

2007年型SRX、右ハンドルになりましたあ!! (左ハンドルもあります)。

1998年のセビル(FFキャディ。オーセンティックにカッコよかったセダン)、2002年のCTS(映画「マトリックス・リローデッド」に出てたセダン)に続く、キャデラック右ハンドルモデル第3弾。

ゼネラルモーターズ、企業努力してます。

えらいぞ、GM!

拍手ぅ!!

ドコにそんな余力があるんだあ!?

……。

子供のときから、「いつもあの子は一言多くて」と言われてきたエディターであります。

コンポーネンツ共有化の恩恵で、以前よりは右ハンドル化が容易になったそう。それでも(失礼ながら)販売台数が3桁に届くかどうか、というモデルですから……。

「英連邦向けは?」とスタッフの方に水を向けると、

「キャデラックは、イギリスではあまり力がなくて」とやや肩を落とされる。しかし力強く面を上げると、「SRXの右ハンドル車投入は、ほとんど日本市場のためといっていいんじゃないでしょうか」とキッパリ。

なるほど。

ありがたいことです。

(つづく)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ