VW、エコな「3リッターカー」を「ポロ」で再び

2007.03.16 自動車ニュース
「ポロ・ブルーモーション」
フォルクスワーゲン、エコな「3リッターカー」を再び

VW、エコな「3リッターカー」を「ポロ」で再び

独フォルクスワーゲンが、エコロジーな“3リッターカー”を再発売。その名も「ポロ・ブルーモーション」に、本国ドイツで乗ってみた。


VW、エコな「3リッターカー」を「ポロ」で再びの画像

VW、エコな「3リッターカー」を「ポロ」で再びの画像

■3リッター「ルポ」の失敗を踏まえて

フォルクスワーゲンは、1999年に初めて「3リッターカー」、つまり3リッターで100kmの距離を走れる「ルポ3L TDI」を量産した。現代流に言えば、わずか81グラムのCO2排出量である。

しかし、スタンダードよりも約10万円高い価格とドライバビリティの悪さゆえ販売は伸びず、結局、2005年までにわずか2万8000台を売ったところで、生産は終了してしまった。

こうした悪例を踏まえて、フォルクスワーゲンは再び、燃費に優れたコンパクトカーを発表した。

「ポロ・ブルーモーション」である。

いくら省エネといっても価格が高くては困る。今回のブルーモーションは1.4リッターTDIエンジンを塔載して1万5750ユーロ(約240万円)。同じエンジンを塔載した「ポロ1.4TDI」とまったく同じ値段である。

さらに、この“省エネ”ブルーモーション・ポロには、軽合金ホイールやエアロパーツ、そしてマルチファンクションディスプレイなどが備わっている。

ただし、当然の事ながら(?)エアコンは装備されていない。これを望むには「Cool&Sound Package」をオプションで選ばなければならない。エアコンとCDラジオのセットに、860ユーロ(約13万円)を追加で払うわけだ。

ベースになったのはポロ1.4TDI(80ps)でこちらはカタログのEU燃費(走行100kmあたりの消費燃料)で4.4リッターと発表されている。つまり、22.7km/リッターだ。


VW、エコな「3リッターカー」を「ポロ」で再びの画像
ベースモデルと同様、1.4リッターのディーゼルエンジン「TDI」を搭載する。
ベースモデルと同様、1.4リッターのディーゼルエンジン「TDI」を搭載する。

VW、エコな「3リッターカー」を「ポロ」で再びの画像

■ポイントは、空力、ギア比、排気系

ブルーモーション・ポロの見た目の違いはグリルの蓋、サイドシル、リアスカート、そしてルーフスポイラーである。これによってCd値は0.30へと改良された。性能とは関係ないがドアミラーとリアスカートがシルバーに塗られているのも相違点だ。

メカニズムで燃費向上に役立っているのは、非常に高く設定された5段ギア(まったく普通のマニュアル・トランスミッション:VW社内呼称でMQ200。Mはマニアル、Qは横置きエンジン用、200は200Nmまで耐える、を意味する)で、3速から5速までが12%から25%高く設定されている。

走り出すとこの高いギア比はそう気にならない。すくなくとも信号の少ないドイツの郊外道路では5速でもフツーに流すことができる。
もっとも、決してスポーティではなく、スロットルを開いても荷重移動すら起こらないように感じる。

カタログによる0-100km/hの加速所要時間は12.8秒。これはベースモデルとまったく同じ、しかも最高速度は176km/hで4km/hも速い。

つまりフォルクスワーゲンはこのポロ・ブルーモーションを「おそくて迷惑なクルマ」にする気はないのである。
タイヤは前後とも165/70R14で、スタンダード・ポロと同じ。操縦性にまったく不満はない。

■エンジンの違い

ちょっと後まわしになったが、可変タービン・ブレードを持った1422ccの3気筒TDIディーゼルはスタンダードとまったく同じ出力特性で、「80ps/4000rpm、195Nm/1800-2200rpm」を発生する。

スタンダードとの差は、EGRをEGRクーラーとエレクトリック・バルブによって効率アップしている点である。
もちろんDPFは標準装備。キャタライザーはシンウォール・テクニック(ケーシングの壁が薄い構造)を持った反応速度の速いオキシダント・キャタライザーを採用している。エンジン温度はオイルクーラーによって適正化される。

車重は1084kgで、これもスタンダードとわずか5kgの差でしかない。

■無給油で1150km走行

ポロ・ブルーモーションは、実際に走って動力性能に不足はない。そのうえ、車載の燃費計で「100kmあたり4リッター」を切ることすらなかったが、4リッター(=25km/リッター)から5リッター(=20km/リッター)の間を始終さしていた。

フォルクスワーゲンの発表によれば、カタログ上は3.9リッター/100km(=25.6km/リッター)で、ベースモデルより0.5リッターすぐれる。燃料タンクが45リッターだから、1150kmは無給油で走りきることができるわけだ。

さらに、EUの要綱による燃費計測メソッド80/1268/EWGにのっとれば、燃費はさらに3.2リッター/100km(=31.2km/リッター)に向上する。

(文と写真=木村好宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る