新型「GTR」、最高出力は450psでキマリ!?

2007.03.16 自動車ニュース
写真は「G37」のコンセプトモデル、「Gクーペ・コンセプト」。
新型GTR、最高出力は450psでキマり!?

新型「GTR」、最高出力は450psでキマリ!?

2007年ニューヨーク国際自動車ショー(4月6日〜15日)事務局は3月13日、同ショーにおける「インフィニティ」の出展車として「G37スポーツクーペ」と新型コンパクトSUV「EX」が登場することを明らかにした。

 

■GTR=3.7リッター+ツインターボ

インフィニティG37スポーツクーペは、新型「G35セダン」(スカイライン)の2ドアバージョンである。かねてからのウワサ通り、新型スポーツクーペの排気量はその車名にある3.7リッターだ。

G35のエンジンは、これまでのVQユニットのブロック剛性を強化し、ヘッドまわりを高回転型に変更するなど多岐にわたる改良を施した、VQ35HR(日本仕様スカイラインで315ps)。新型スポーツクーペのエンジン名称もVQ37HRとなることは間違いなく、200ccぶんの排気量アップを直接的に出力換算すれば、その最高出力は330psオーバーになることが予想される。

ということは……今年10月の東京モーターショーにデビューする新型「GTR」のユニットの姿がハッキリと見えてくる。

すなわち、新型GTRのエンジンブロックはVQ37HRと基本的に共通、左右バンクそれぞれにターボチャージャーを配備。エンジン内部にはチタン合金など高度な素材を用いる。最高出力は、VQ37HRより100ps以上の上乗せになるに違いない。
課題は、その最高出力値をどのレベルまで引きあげるかだろう。

 

■価格は750万円前後か

2007年1月のデトロイトショー公開の「レクサスIS-Fコンセプト」が5リッターV8で400psオーバー、先のジュネーブショー公開の「BMW M3コンセプト」が4リッターV8で400psオーバーである。新型GTRは、米国市場では6万5000ドル(750万円)前後の価格帯に属するから、こうしたハイパフォーマンスセダンの、事実上のライバルとなる。

アメリカのハイパフォーマンスカーのユーザーは、最高出力を気にする傾向が強い。それぞれメーカー側も、お互いの出方を見ながら最終的な最高出力値設定を目論んでいる。
こうしたクルマの場合、一般車に比べて燃費数値(米国EPA/MPG値)は軽視される傾向にある。ピークパワーに関して、ターボ車であるGTRはライバルたちより有利。ブーストのコントロールにより出力特性への融通が利くはずだ。

さらに、米国市場のライバルとして、「コルベットZ06」(511ps)、「ダッジバイパー」(600hp)の名も挙げられる。GTRは最低でも450psを明示することが必要になるだろう。それだけの出力を、(採用するとウワサされる)新型DSGでいかに受けとめ、新型アテーサET-Sでいかにコントロールするのかも興味深い点だ。

新型GTR、最近ではアメリカの市街地をテスト走行している姿が、たびたび目撃されている。

(文=桃田健史(IPN))

関連キーワード:
スカイラインクーペGT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 新型「GTR」、最高出力は450psでキマリ!? 2007.3.16 自動車ニュース 2007年4月のニューヨークショーで、スカイライン「G37スポーツクーペ」がデビュー。そこから見えてくる新型「GTR」の姿とは? アメリカからのリポート。
  • 新型スバル・フォレスター(国内仕様車) 2018.5.18 画像・写真 新型「スバル・フォレスター」の販売が2018年夏にスタート! その姿を写真で紹介する。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る