【スペック】アンリミテッドサハラ:全長×全幅×全高=4705×1880×1845mm/ホイールベース=2945mm/車両重量=2000kg/駆動方式=パートタイム4WD/3.8リッターV6OHV12バルブ(199ps/5000rpm、32.1kgm/4000rpm)/価格=441万円(テスト車=同じ)

ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド【試乗記(前編)】

身近になったJeep(前編) 2007.03.16 試乗記 ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド

「ジープ・ラングラー」が10年ぶりにフルモデルチェンを受け、2007年3月16日発売された。新たに4ドアモデルが追加された新型に試乗。まずはその変更内容から。

ジープといえば……

「チェロキー」「グランドチェロキー」「コマンダー」、そして今年は小型SUV「パトリオット」をラインアップに迎え、クロスカントリーカテゴリーでさらに勢いを増すジープ。しかし、ジープといえば、1941年に登場したオリジナル・ジープの直系である「ジープ・ラングラー」を、誰もが思い浮かべるはずだ。そんなジープを代表するモデルがフルチェンジし、日本上陸を果たした。

“JK”と呼ばれる最新型は、先代の“TJ”から受け継いだパーツが「エンジンフードラッチ」などごくわずかであるにもかかわらず、ひと目でジープ(ラングラー)とわかるスタイルを特徴としている。

たとえば、丸型ヘッドライトと7本の縦型スロットグリルで形づくられるフロントマスクや、台形のホイールハウス、ドアの外側に露出したヒンジ、リアに背負うスペアタイヤ、折り畳み式のフロントウィンドウ、取り外し可能なドアなど、いちいち挙げていたらキリがないほど。

また、4輪独立懸架が常識のいまでも、頑なに前後リジットアクスルを守り抜くのも伝統のひとつだ。


ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド【試乗記(前編)】の画像
【スペック】
ラングラーサハラ(4AT):全長×全幅×全高=4185×1880×1840mm/ホイールベース=2425mm/車両重量=1840kg/駆動方式=パートタイム4WD/3.8リッターV6OHV12バルブ(199ps/5000rpm、32.1kgm/4000rpm)/価格=368万5500円(テスト車=同じ)
【スペック】
    ラングラーサハラ(4AT):全長×全幅×全高=4185×1880×1840mm/ホイールベース=2425mm/車両重量=1840kg/駆動方式=パートタイム4WD/3.8リッターV6OHV12バルブ(199ps/5000rpm、32.1kgm/4000rpm)/価格=368万5500円(テスト車=同じ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る