もっとも美味なサービスエリア、決定!

2007.03.15 自動車ニュース

もっとも美味なサービスエリア、決定!

NEXCO東日本(東日本高速道路)は、高速道路のサービスエリアやパーキングエリア内にある、レストランの料理コンテスト「NEXCO東日本 新メニューコンテスト」を2007年3月7日に開催した。

■鉄人が認めた味

これは、同社が目指している「個々の立地条件に応じた特徴あるサービス」の一環として行われたもの。
東日本の総勢50施設がエントリーし、各地の予選を通過した強豪10施設のシェフが都内で決勝戦をたたかった。

当日は、“鉄人”こと陳建一氏や、タレントのダニエル・カール氏が審査員として参加。
「実際に1500円以下で販売すること」を条件に各人が腕をふるったメニューを、「地域の名物料理」「地元食材の使用」「ネーミングと盛付の地域色」などをポイントに評価した。

熱戦を制したのは、関越自動車道下り「高坂サービスエリア」(埼玉県東松山市)の、「彩の玉手箱(1350円)」。
料理長の中村武さんは「素材選びに苦労しましたが、2年間考えた作品でグランプリがとれて嬉しい。作品名(彩の玉手箱)にあるように、開けてビックリするものを目指しました」と語った。

また、審査員の特別賞は、「那須高原 森の詩(1500円/東北自動車道上り那須高原SA)」「花暦 伊達の四季彩膳(1260円/東北自動車道上り菅生SA)」「友華弁当(1365円/常磐自動車道上り友部SA)」の3作品におくられた。

なお、このコンテスト決勝に出品された全10品のメニューは、2007年4月から該当サービスエリアに並ぶ予定だという。
春からのドライブに、ひとつ楽しみが増えそうだ。

(webCG 関)

グランプリを獲得した「彩の玉手箱」
グランプリを獲得した「彩の玉手箱」
コンテスト決勝風景。中央は審査員をつとめた陳建一氏。
コンテスト決勝風景。中央は審査員をつとめた陳建一氏。
優勝チーム「高坂サービスエリア」のみなさん。
優勝チーム「高坂サービスエリア」のみなさん。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。