第312回:新型「ポルシェ911ターボ」雑感
サルでも乗れるポルシェターボ!? なんてね

2007.03.15 エッセイ

第312回:新型「ポルシェ911ターボ」雑感サルでも乗れるポルシェターボ!? なんてね

量産ポルシェ最速はAT車!

いやー、ほとんどウソだったけど携帯ゼロ円って日がくるわ、トヨタが世界イチに限りなく近づくわ、小沢コージが自動車マスコミ業界で大活躍するわ!? などなどつくづく時代も変わったなぁと思いました。今や時代はなんでもアリ。昔のジョーシキなんて通じなくなってんのよ。

というのも昨年登場したばかりのポルシェの997型「911ターボ」。1980年代の、硬派で楽しかった930時代や、最近のナンパで快適な996時代とも違い“ナンパかつ楽しい”超いいとこ取りマシンになってる。こんな日がくるだなんて10年前は思いもしなかったぜ……。

一番驚いたのはギアボックスだよね。知ってる人も多いと思うが、6段MTと5段AT(ティプトロニックS)があって、なんとATのほうが速い! 0−100km/h加速はMTが3.9秒、ATが3.7秒と実に0.2秒も速いのだ!
コイツは当然スーパースポーツの「カレラGT」を除く量産ポルシェ最速なわけだから、ある意味、最新ポルシェのシンボルであり、最高到達点でもある。それがAT車だなんてスーパーカー世代にとってはマジ感慨無量。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』