【スペック】全長×全幅×全高=4680×1870×1645mm/ホイールベース=2750mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/2.3リッター直4DOHC16バルブターボ(238ps/5000rpm、35.7kgm/2500rpm)/価格=332万円(テスト車=346万7000円)

マツダCX-7(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

マツダCX-7(4WD/6AT)     2007.03.15 試乗記 ……346万7000円
総合評価……★★★★★


2006年12月の発売から約1ヶ月で目標販売台数の5倍の受注を受け、好調な滑り出しを見せるマツダの「CX-7」。“スポーティさ”をウリにする新型SUVの走りと使い勝手を試す。

マツダCX-7(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

SUVの形をしたスポーツカー

ボディがしっかりしていて、サスペンションに無駄な動きがなく、全体のデキがソリッドだから動きは軽快。まさにSUVの形をしたスポーツカー。エンジンもパワフルで吹け上がりもシャ−プだから動力性能も申し分なし。

ただし、微速で大入力をこなすオフロ−ドは未体験。4WDは存在感を感じないほど自然で、ラフにスロットルを開けても不用意にホイ−ルスピンすることはない。峠の曲折路などは面白くてついつい飛ばしがちになってしまうが、ステアリングへの信頼感も十分。遊び疲れてノンビリ走ろうとすると、もっと続けるように催促されてしまう。もちろん、慣れてくれば加減はできる。

慣れないのはサイズ感で、思ったよりスレスレで通過していることが多い。室内から感じるより外板は出ている。またグリ−ンハウスの天地方向が浅いデザインゆえ、左側方やノ−ズ直下が見えないことに対する不安は大きい。「アウディQ7」のようなモニタ−とか、小さくともアンダ−ミラ−の備えは欲しい。バックモニタ−は車庫入れに便利。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダ、3列シートの新型CX-9を世界初公開【LAショー2015】 2015.11.19 自動車ニュース マツダがロサンゼルスオートショーにおいて3列シート車の新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmのミドルサイズクロスオーバーモデルであり、エンジンには新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が採用される。発売は2016年春より、北米を皮切りに開始される予定。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る