スーパーアグリの新型「SA07」ようやくお披露目【F1 07】

2007.03.14 自動車ニュース

【F1 07】スーパーアグリの新型「SA07」ようやくお披露目

スーパーアグリF1チームは、2007年3月14日、開幕戦オーストラリアGPの会場で、ニューマシン「SA07」を発表した。

■ホンダとの“共同開発”

2年目のGPシーズンに臨むスーパーアグリは、開幕戦会場でようやく新型「SA07」を正式に披露した。
チームに義務付けられるクラッシュテストで失敗するなどし、当初の発表予定が大幅にずれ込んだための遅いお披露目だ。

デビューイヤーは、僅か数ヶ月でマシンその他を準備しなければならなかったため、4年落ちの元「アロウズ」シャシーに最新ホンダV8を積んで「SA05」「SA06」として戦った。

満を持して投入するSA07は、新型、ではあるが、ベースとなるのは2006年型のワークス・ホンダ「RA106」といわれている。チーフデザイナーのピーター・マックール率いるチームのデザイン部門と、ホンダの栃木研究所が共同で開発したというものだ。

この“共同開発”というのが曲者で、チームはコンストラクター(製造者)でなくてはならないというF1のルール(コンコルド協定)に反していると異議を唱えるチーム(ウィリアムズ、スパイカー)が、法廷に持ち込む可能性をちらつかせているのだ。

スーパーアグリの主張は、ホンダからシャシーを買い受けたが、これをもとにオリジナルカーをつくっているから問題ない、というものである(少なくとも一度クラッシュテストに失敗したのだから、まったく同じとはいえないだろう)。正式な発表にこぎつけたということは、国際自動車連盟(FIA)にも認められているということだろう。

マシンのポテンシャル自体は、昨年の実績(ウィニングマシンなのだ!)を見れば侮れない。あとはコース外でいかに穏便に事態をまとめられるか、にかかっていそうだ。

なお問題とされている、いわゆるカスタマーカーは、2008年に解禁される。

■タイヤと空力を中心に

肝心のSA07は、昨年同様ホンダの2.4リッターV8エンジンを搭載。今年から2010年まで、レギュレーション上エンジン開発は凍結されるため、回転数が19000rpmに制限される以外、基本的に大きな変更点もない。

となると開発の軸足は、今年からワンメイクとなるブリヂストンタイヤとのマッチングと、空力の向上に置かれることになる。

ウィングをはじめとするエアロダイナミクスデバイスをモディファイ。ラジエーターや電気系統などは、冬のテストで走行を重ねた暫定型からのキャリーオーバーという。

佐藤琢磨、アンソニー・デイヴィッドソンのコンビで、チームにとって最初のチャンピオンシップポイントを早く手に入れたいところだろう。

2007年オープニングレースは、3月18日に決勝を迎える。

(文=webCG 有吉/写真=スーパーアグリF1チーム)

スーパーアグリの新型「SA07」ようやくお披露目【F1 07】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。