第311回:美味しいものだけをJAIAから(その2)
クライスラー300C SRT8……侮れませんよ、アメリカの力!

2007.03.14 エッセイ

第311回:美味しいものだけをJAIAから(その2)クライスラー300C SRT8……侮れませんよ、アメリカの力!

時代に翻弄されたブランド

最近じゃダイムラーグループから切り離されて、ヒュンダイに売られちゃうとか、GMがアメリカの意地でもって買い取るとかウワサされてるクライスラー。さすがにツライもん感じますな。誰にも愛されなかったなんとかのアヒルの子みたいで。

でもねぇ。俺に言わせりゃ、あれは単なるダイムラー・クライスラーのシュレンプ元会長の策略。当時あった“400万台クラブ”の幻想にのっかって、アメリカ企業とくっつき、自分だけ稼いで後はポイ。聞けば、今は大量のストックオプションで悠々自適の生活を送ってるとかいないとか。
しかも彼、どうやらドイツじゃ珍しい冒険主義者で、悪い言いかたをするとそもそもが“バクチ打ち”。そんな人がトップに付いちゃった企業は大変だわさ。

むろん今後の地球温暖化、石油問題のなりゆきによっては“400万台クラブ”幻想復活もあり得るのかもしれないけど、とにかくクライスラーが時代に翻弄された事実だけは否めない。自ら時代の変化についていけなかった根本的欠点はさておきね。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』