第310回:コージの勝手にジュネーブ速報(その2)
鬼気迫る“カブキ顔”新型Cクラス登場!

2007.03.13 エッセイ

第310回:コージの勝手にジュネーブ速報(その2)鬼気迫る“カブキ顔”新型Cクラス登場!

ドーピングで、3シリーズ、A4に対抗

前回に引き続き、ジュネーブショー会場から。俺がショーを見た感じをざっと報告しましょう。

まず印象深かったのはメルセデス・ベンツの新型Cクラス。ハッキリいって鬼気迫るものがあります。
一番の違いは、今までのようにSクラスやEクラスの小型版になってないことで、サイズは小さくとも大きく見せるようなデザイン。というか実際サイズも全長4581(先代比+55)、全幅1770(同+42)mmとかなり大きくなってるわけだけど、それ以上にハッタリをかまそうとしている感じが見受けられる。

ますます魅力的になったライバルBMW3シリーズや、今となってはまったく無視できないアウディA4に対抗しようってのはミエミエなわけで、俺は直感的に「コイツってカブキ顔だなぁ」って思いました。顔に派手なアイシャドウとか塗ったら似合いそうじゃない。エアロパーツも似合いそうだし、事実ショーで見た新型のDTMバージョンはカッコよかった。サイドにはかなり強力なウェッジシェイプが刻まれていて、かなりドーピングされちゃった感じ。

記者会見に臨んだディーター・ツェッチェ会長によれば「現時点で5万数千台受注している」そうで、今のなりふりかまっていられないメルセデスを象徴してるように思いました。

「メルセデス・ベンツCクラス」
「メルセデス・ベンツCクラス」

第310回:コージの勝手にジュネーブ速報(その2)鬼気迫る“カブキ顔”新型Cクラス登場!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』