「F1で初優勝を!」トヨタ07年モータースポーツ活動計画

2007.03.13 自動車ニュース

「F1で初優勝を!」トヨタ07年モータースポーツ活動計画

トヨタ自動車は、2007年シーズンのモータースポーツ活動計画発表会を、2007年3月12日に開いた。

■初優勝、今年こそ

1年前の同発表会では“F1初優勝を目指せ!”と意気込んでいたトヨタだが、開幕後は信頼性不足に悩まされ、結果初優勝どころかコンストラクターズランキング6位と中段に沈んでしまった。

今年、雪辱を果さんとニューマシン「TF107」を開発し、シーズン前のウィンターテストに投入したのだが、これまた信頼性の低さにドライバーのヤルノ・トゥルーリ、ラルフ・シューマッハーもお疲れ気味。6年目のトヨタF1、本当に大丈夫なのか?

「昨年はフラストレーションのたまる1年だったが、今年はひとつ屋根の下、意思統一を図った。2月のバーレーンでのテストではトラブルが続き苦労したが、先週のヘレス・テストではみっちり走ることができ、セッティングも進んだ。かなりの手ごたえを感じている」

パナソニック・トヨタ・レーシングのボス、冨田務TMG会長は苦しい現状をこう説明した。
真横に座る渡辺捷昭トヨタ社長は、「必ず今年中に初優勝してくれるはずです……来年も同じことを言わせないように(笑)」と、冗談とも本気ともとれるコメントで激励(?)した。

トヨタのお膝元、富士スピードウェイで30年ぶりの日本GPが開催される今年、トヨタF1には社内外から期待とプレッシャーが寄せられているようだ。

3月18日のオーストラリアGPから、長いGPシーズンがスタートする。

■NASCARにフルアタック!スーパーGTでは連覇を!

トヨタのモータースポーツ活動の頂点がF1なら、その直下に位置付けられるのがアメリカのNASCAR参戦だ。

今年から、かの地で絶大な人気を誇るNASCARのトップカテゴリー「ネクステルカップ」とその下の「ブッシュ」両シリーズに、5.8リッターV8搭載の「カムリ」ストックカーを投入。
昨年ドライバー、マニュファクチャラー両タイトルを獲得した「クラフツマン・トラック」とあわせ、アメリカ人のハートにフルアタックかける。

日本国内では、スーパーGT参戦に加え、フォーミュラ・ニッポンに3リッターV8エンジンを供給。特にスーパーGTでは、昨年「レクサスSC430」で勝ち取ったGT500タイトルを防衛したい。

さらに全日本F3、ESSOフォーミュラ・トヨタ、Netz Cupヴィッツレースなど、幅広いカテゴリーに参画する。

(webCG 有吉)


「F1で優勝を!」トヨタ07年モータースポーツ活動計画
6年目、初優勝が待たれるトヨタF1だが、冬のテスト中にもトラブル連発で雲行き怪しく……出席が予定されていたヤルノ・トゥルーリ、ラルフ・シューマッハーは姿をあらわさず、首脳陣たちだけのちょっとさびしい発表会に。
「F1で初優勝を!」トヨタ07年モータースポーツ活動計画
アメリカ人のハートを掴んで離さないNASCARシリーズ。トヨタは今年、そのトップカテゴリー、ネクステルカップに「カムリ」で参戦を始めた。
「F1で初優勝を!」トヨタ07年モータースポーツ活動計画
スーパーGTでは、「レクサスSC430」で連覇を目指す。
「F1で初優勝を!」トヨタ07年モータースポーツ活動計画

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。