【スペック】C280アバンギャルド:全長×全幅×全高=4581×1770×1444mm/ホイールベース=2760mm/車重=1555kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(231ps/6000rpm、30.6kgm/2500〜5000rpm)(欧州仕様)

メルセデス・ベンツCクラスセダン【海外試乗記】

まんべんなく大きくなった 2007.03.13 試乗記 メルセデス・ベンツCクラスセダン

「BMW」「アウディ」へのライバル心むきだしの新しいメルセデス・ベンツCクラス。ジュネーブショーで衆目を集めたニューモデルに、河村康彦がスペインで乗った!

ジュネーブから飛んだ先

たとえ『webCG』で自分が何を言おうが、そんなことでは(もちろん)これっぽっちも影響なし! 

日本でも発売と同時に「セールス絶好調!」のニュースが聞かれるのはもはや確実! 

そんな憎らしいほどのブランド力を携えて誕生したのが、新しい「メルセデス・ベンツCクラス・セダン」だ。

従来型のデビューは7年前の2000年。今でもそちらのモデルに触れてみれば、完成度はすこぶる高い、見た目上でも古さなど感じさせられない……。
というのは、多くの人の実感とも合致するはず。

個人的にそんな気持ちを携えて、2007年初のヨーロッパでのビッグショー「ジュネーブショー」からチャーター便で飛んだのは、東海岸を地中海に接するスペインはバレンシア。
下手に寒波に出くわせば、ヨーロッパの多くの地域ではまだ雪の心配が残るこの季節。様々な国際プレス試乗会は、南仏やイタリア、そしてこうしたイベリア半島で開催されるのが常なのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る